ハーメルン
真剣で恋について語りなさい
そしてあたりさわりもなく彼らは高校生になる


 四月を目前にして、姉さんと九鬼揚羽さんの死合いが行われようとしていた。
 月下の川神院で対峙する二人の雄姿は、神々しくもあり、また美しい。
 真珠のように澄み切った月の光の海に漂う二人の闘気は真冬の冷気のごとく肌を刺した。
 まちがいなく世界の頂点にいる武人同士の決闘に、おれは立会人の一人として立たされていた。
 実際に取り仕切るのは川神院総代・川神鉄心だが、おれは是が非でも間近で二人の闘いを見ろとジジイに命じられて、この場にいた。
 
 おれは九鬼揚羽さんを初めて見たが、風貌に関しては凛とした意志の強そうな瞳が印象的な美人、強さに関しては川神院以外でルーさんくらい強い人を初めて見た、というのが率直な感想。
 姉さんが勝つ。真っ先に彼我の戦力差を比較して、早くもそうおれは断じていた。それよりも九鬼の人は本当に額に×印つけてるんだなあ、と庶民的な感想が思考の上澄みに先んじた。
 というか何で制服着てんだろう。そんな恰好で動いたらパンツ見えるよ。こんな事を神妙な顔して考えているおれは絶対に武人ではなかった。
世の武に携わる者なら、この決闘を前にすれば血沸く興奮にさらされる筈なのに。
こういうところで、おれはつくづく自分が農民の子で代々武士の家系の生まれではないと思い知らされるのであった。
 まあ、戦国大名や武将の子孫という連中の中には直系か怪しいのがいるが、傍流だろうが武家は武家だ。
 おれは落ち武者狩りをする農民の心境に想いを馳せながら、二人の死合いを目で追っていた。

 ……闘いは終始、姉さんの優勢で進んだ。この死合いを最後に引退して仕事を優先するらしい揚羽さんとの拳の交わりを惜しむように、姉さんは一挙手一投足を瞬きもせず、とても楽しそうに拳で語り合っていた。
 楽しむかぁ……おれは楽しめそうにないな。おれの場合、痛めつけられての楽しいであり、それも喜ぶじゃなくて悦ぶっていやらしい字になる。
 修行だって、その過酷さ、辛さ、痛みが癖になり、病みつきになったから真っ当な人が危険視するほど夢中になれたのだ。酸素が足りなくて喘ぐように息を吐くことが鞭に、吸うことが飴になり、動けなくなるほど限界まで鍛え上げて這いつくばる自分の無様さに背筋がゾクゾクし、格上の人物に為す術もなく痛めつけられて嬲られるのが好きで好きで堪らなかった。
 釈迦堂さんに善戦できるようになってからは、修行がつまらなくなった気がする。釈迦堂さんは子供相手にも容赦なく叩きのめしてくれるから好きだった。いま思うと男に痛めつけてもらっても気持ち悪いだけだが、あのころは純粋に感触だけで悦に浸っていられた。
 童心に帰るというのは、こういうのを指すのだろうか。ちがうんだろうな。

 勝負は体感的には長く闘っている気がしたが、終わってから腕時計で確認すると意外にあっさりと決着がついていた。
 結果は姉さんの圧勝だった。瞬間回復を使うまでもない、純粋な力量差が勝敗を分けた。
 ま、予定調和ではある。あの人、初見の技を放たれる過程で見切って反撃してくるから、単純に重くて速い技の応酬でダメージを与え続けるしかないんだよね。
おまけに苦労して削っても瞬間回復して全回復するんで徒労感が凄まじい。ジジイが過去に稽古にて、電撃を纏った手刀で回復を司る機能をマヒさせる手を使っていたが、それ喰らっても姉さん平気だったし、何発撃ち込めばいいのって話で。
 世界最強の武闘家に上り詰めたジジイでも、瞬間回復ありだと手詰まりになるのを見て改めて思う。やっぱラスボスがベホマ使うのは反則だわ。攻守カンストしてるくせに直接攻撃のみ有効で守備力下がらないってふざけてるよね。急所も効かないから長引いて面倒なんだよなぁ。回復薬で薬漬けになっても立ち向かう勇者はよくやるわ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析