ハーメルン
Fallout:SAR
始まりの日




「高い空、荒れ果てた街並み。着てるのはやけにピッチリした、青いヴォルトスーツ。そして左腕にはピップボーイ、か。形状からすると、去年の年末に発売してから俺がアホみたいにやり込んでた4のだよな。にしてもマジかよ、これ……」

 思わず出た呟きで俺の今の状況を察せる人間となら、この空の下でもいい酒が飲めそうだ。
 そんなくだらない事を考えながら、震える指先でピップボーイを操作する。

 ステータス

 攻撃力10
 ダメージ耐性 エネルギー5 実弾10
 HP95
 レベル1
 アクションポイント90

「うっわ、レベル1かよ。フォールアウト4は猿みてえにやってたから、ゲーム内じゃどのキャラもレベル100オーバーだったってのに……」

 ボヤいても始まらないかと、ピップボーイのタブを操作して次のページを表示。
 そこにある古めかしい画面には、予想通りSPECIALが映る。

「上から3、3、3、3、3、3、10。って、LUCK特化かーい! 夢じゃないならヤバいぞ、これ」

 風が肌を撫でる感触。その風に含まれた、少しばかりの磯臭さ。
 こんなリアルな夢があってたまるかと毒づきたいが、現実であるならばそれはそれで困る。

 フォールアウトというゲームは核戦争後の荒廃した世界で主人公が生き抜く物語で、とても俺のような半分ヒキコモリの大学生が勝者になれるような場所が舞台ではないのだ。
 放射能で変異したバケモノ、クリーチャーだけが敵ではない。戦争を生き残って暮らしている人間達の大半も、油断ならない連中だ。

「まいったねえ。そりゃ、こんな世界なら好きに生きられるって思った事もあるよ? でもそれは平和な日本で、波風のない穏やかな生活を享受してたからこそだっての……」

 今は、春。
 大学が春休みに入った俺は実家にも帰らず、安アパートの一室でゲームをしたり動画を見たり、ネット通販で買ったマンガを読んだりして自堕落に暮らしていた。
 はずだったのに。

「PERKSは1つもなし。そりゃレベル1だもんなあ。スキルもなくクリーチャーに襲われたら、すぐ死んでゲームオーバーじゃね? おお。オオバコの葉っぱを千切る感触もリアル。指先に付いた葉の汁も青臭いったらない。現実なのかなあ、この景色。ってかそんな事より、武器はあるのか? なかったら詰みだぞ」

 ピップボーイのインベントリ画面。
 それを開いた俺は、驚きで固まった。

 ゲームならヴォルトと呼ばれる核シェルター脱出時に拾う、初期武器とも呼べる10mmピストルを先頭に、あるわあるわ。

 フォールアウト4は武器を改造して自分好みにしたり出来るのがウリの1つで、特に性能の良い武器はレジェンダリー武器といって、それは強い敵を倒して手に入れるのが常だった。
 そしてフォールアウト4をやり込んでいた俺はそんな武器をせこせこ集めては改造して自宅として使っていた、廃墟になったガソリンスタンドの保管棚に溜め込んでいたのだ。
 が、そのすべてが、なぜかピップボーイの中にあるらしい。

「こ、これなら俺でも生き残れるか? この、ウェイストランドで。防具も、……あるな。薬品に食料、クエストアイテムにジャンク。MODに弾も。っは、俺このまま街の支配者にでもなれんじゃね? 所持金が51万キャップだってよ」

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析