ハーメルン
Fallout:SAR
狩りへ




 ノック。
 その音で目を覚ました俺は、がらんとした広い室内を数秒ほど見渡しても、ここがどこであるかを咄嗟には思い出せなかった。

「……そうか。小舟の里で晩メシをごちそうになった。そんでこの部屋に案内されて、風呂屋に行くのも億劫で着替えただけでベッドを2つ並べてそのまま寝たんだ」

 フォールアウト4の主人公になったつもりでチンピラのような口調で話し、銃を使ってクリーチャーを殺してレベルを上げても、本当の俺は20になったばかりの半分ニートみたいなゲーム好きの大学生でしかない。カギのかかった部屋でベッドに横たわれば、こうまで熟睡してしまうのも当然か。
 隣で寝ていたドッグミートに顔を舐められながら身を起こすと、少し離れた隣のベッドでまだ寝ているミサキを庇うようにドアを向いて浮かんでいるEDーEが目に入った。

「さすがだな、EDーE。ドッグミートもおはよう」

 ノックは続いているが、まずは脱ぎ捨てていたブーツをしっかりと履いてデリバラーを握る。
 その上でドアに向かって歩き出すと、ドッグミートが尻尾を振りながら先に立ってくれた。

「はいよー。どちらさんで?」

 ドアの向こうにいる人間の数は、黄色のマーカーで1人だとわかる。
 ドッグミートが警戒していないので心配はないと思うが、念のためにドアを開ける前にそう訊ねた。

「セイ」
「あいよ。すぐに開ける」

 ドアの向こうの汚れた絨毯の上には、やはりオーバーオール姿のセイちゃんが立っていた。

「どうぞ。今からミサキを起こすから、入ってくれ」
「おじゃまする」

 少し迷ったが、セイちゃんを招き入れた後しっかり施錠する。
 ミサキもいるので身の危険を感じる事はないだろうし、何よりセイちゃんはまだ小学生か中学生くらいのか弱そうな女の子なのでこの方が安心だろう。

「ドッグミート、ねぼすけのミサキを起こしてやれ」
「わんっ!」

 ドッグミートがコンクリート製の床で爪を鳴らしながら駆け出したので、俺はピップボーイのインベントリからテーブルと椅子を出した。
 コーヒーとお茶は、木下商店の台所でいくつものマグカップに注いでピップボーイに収納しておいたのでまだまだある。こうしておけば冷めないし、不思議空間であるピップボーイのインベントリなら中身がこぼれる心配もない。

「お茶とコーヒーなら、お茶がいいかな?」
「コーヒー、苦手」
「そっか。なら、座ってこれでも飲んでて」
「ありがとう」
「わあっ、くすぐったいっ! な、なにっ。なんなのっ!」
「わんっ!」

 ドッグミートに顔を舐めまくられて跳び起きたミサキの白いふとももを見ながら、タバコを咥えて火を点ける。
 ミサキはパジャマ代わりにと俺が渡した、洗濯されたピンクのドレスというスカート丈の長いフォールアウト4のアイテムを着ているので、残念ながらそれ以上のラッキースケベイベントは発生しないようだ。

「起きたなら準備をしろよ。出かける時間らしいぞ」
「今って、……うっわ。ま、まだ朝の5時だよっ!?」

 ピップボーイの時計を見てミサキが叫ぶように言う。

「かなりの人数が暮らす街の食料調達部隊だ。朝から晩まで懸命に働いてんだろ」
「なんか、私達よりずっと勤勉な生活をしてそうだね。こんな世界なのに、ああ。こんな世界だからこそ、か……」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析