ハーメルン
Fallout:SAR
MMO経験者の伝統的狩猟




「それじゃ行くぞ。今日の予定は、ミーティングで話した通りだ」

 シズクの号令で、食料調達部隊の連中が歩き出す。
 ミサキはドッグミートとEDーEを引き連れながら白衣を羽織ったセイちゃんと肩を並べて仲良く話しているので、俺は最後尾をのんびりと着いて行く事にした。
 狩場はあの橋のバリケードの先だろうから、そこまでは大した危険もないはずだ。

「これから出発か、青年」
「ジンさん。おはようございます」

 黒いスーツで日本刀を携えた老人に軽く頭を下げて挨拶をする。
 鷹揚に頷いたジンさんは、途中まで一緒だからと俺の隣を歩き出した。

「マアサに聞いたが、武器の試しをするとか?」
「ええ」
「狩り場は、ワシの持ち場のほんの少し先じゃ。見物をしても?」
「どうぞどうぞ。防衛部隊の指揮官に見てもらえるなら一石二鳥です」
「ところで、その武器というのは……」

 目を細めながら春らしい陽気の空にポツンとある雲を眺め、ジンさんが呟くように言う。
 大正義団とやらになってしまった連中が小舟の里で何の仕事をしていたのかは知らないが、武器を持ち逃げ出来てしまうくらいだからジンさんの下にいたのかもしれない。

「持ち歩き出来るような物じゃありませんし、俺以外じゃ使い方すら理解できませんよ。ああ、セイちゃんは別かもしれませんけど」
「セイはいいんじゃ。自慢の娘じゃからのう」
「……マアサさんの旦那さんだったんですか、ジンさんって」
「3人目はちとキツイ。青年、里にいるうちにシズクとセイを孕ませぬか?」
「どちらも、俺なんかにはもったいないですよ」
「どこがじゃ。青年は、腕の良い山師であろうに」
「まだまだです。ホントに」
「場数など、生き残れば自然に踏んでゆく。大切なのは覚悟、それに生まれ持ってそれまで育んだ性根のまっすぐさよ。覚悟がなくては何も為せぬし、性根が歪んでいれば為すべき事を見誤る。強さなぞ二の次じゃ。男の生き様とは、そんなものぞ」
「……覚えておきます」
「うむ」

 地下道を抜け、駅の通路を使って線路を越える。
 ギイイイッっと音を立てて開いたフェンスから外に出ると、それまで軽口を叩いたり防衛部隊の女に手を振ったりしていた食料調達部隊の連中が一斉に緊張感を漂わせた。
 その気の引き締め方は、素人の俺から見ても悪くない。

「バリケードを出た途端にこのピリッとした空気感、いいですね」
「里で最も死亡率が高いのが、この食料調達部隊じゃ。酒を酌み交わすたびに、生き急ぐなと説教をしたくなるような若者ばかりよ」

 老人から見てそんな若さは眩しくもあるのだろうが、それよりも危なっかしくて心配になってしまうものなのだろう。
 ジンさんの口調には、優しさが滲み出しているように思えた。

「アキラ!」
「あいよ。じゃあ、俺は準備があるんで」
「うむ。じっくりと見させてもらおう」

 俺だけがダラダラ動くのも申し訳ないので、駆け足で先頭のシズクの横に並ぶ。
 ミサキとセイちゃんは、食料調達部隊の連中に守られるような位置なので安心だ。怖いのは今から出した物を見て欲を出した食料調達部隊の連中がミサキを人質に取ったりする事だろうが、そこはシズクとセイちゃんを信用するしかない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析