ハーメルン
Fallout:SAR
変態と呼ばないで




 タイチと1匹ずつマイアラークを引き摺って一番手前のタレットの向こうまで戻ると、すぐに食料調達部隊の連中が機敏に動いて運ぶのを代わってくれた。
 布巾を出して生臭くなった手を拭いてから、タバコを咥えて火を点ける。

「タイチ、ほれ」
「わあ、タバコっすか。しかも、戦前の? ありがたいっすー」
「それは開けたばっかだから、後ろの連中にも回してやってくれ」
「わかったっす」
「シズクも、ほら。新しいタバコの箱とライターだ」
「礼を言う前に、マイアラークを引き摺りながら2人で笑ってた理由を聞いておこうか?」
「ただの雑談だよ。なあ、タイチ?」
「そ、そうっすよ」
「へえ」

 美人がジト目で睨むのはやめて欲しい。
 俺は美人を責めながらあんな事やこんな事をするのを想像するのが好きだが、その逆でも愚息が反応してしまう敏感なお年頃なのだ。

「それよりタレットが俺達を攻撃しないのは証明できたよな。次からは、交代で数人を出して引き摺って来させてくれ。俺は色男だから、力仕事が苦手なんだよ」
「それはいいが、まだカイティングまで任せていいのか?」
「当然だ。ここから引っ張れるうちは任せてくれ」
「助かるよ。こんな楽な狩りは初めてだ。あたしにも、こんな力があればな……」

 今までにここや別の場所で部下を死なせた事でもあるのか、どこか後悔したような表情でシズクが言う。
 なんと言葉をかけても、その後悔を消す事なんて俺にはできやしないだろう。なので軽く頭を撫で、咥えタバコでまた車の屋根に上がった。
 俺とミサキがいつまで小舟の里で暮らすかなどわからないが、俺達がいなくなってもタレットを上手く使えれば狩りも里の防衛もこれまでよりずっと楽にはなるだろう。
 防衛に関しては相手が対策を立てて何か仕掛けるまでの間に、小舟の里が力を蓄えられるかどうか。それが重要になって来るはずだ。

「次、やるぞ?」
「ああ」

 俺が屋根でタバコを踏み消してまたスコープ付きレーザーライフルを出すと、シズクが咥えたタバコの灰が春の風に吹かれてポトリと落ちた。
 そういえば、こちらに来てからタンポポを見ていない。
 なぜかそんなどうでもいい事を考えながら、俺はトリガーを引いた。

「いやいや、だから女はおっぱいでしょって!」
「ふはは。まだまだ若いのう、タイチ。尻よ尻、ケツ。女はケツなんじゃよ。のう、青年よ?」
「違いますよ、ジンさん。パンツ、それこそが至高」
「マニアックじゃのう」
「……さすがっすねえ、アキラ」

 里から届いた昼メシを食い終え、男連中で車座になってこんなバカ話をするのは悪くない時間だ。それにしてもタイチ、さすがってのは「さすが童貞」って意味か。もしそうなら、ミサキじゃないがぶん殴ってやる。
 ちなみに午前中の狩りの成果は、マイアラーク8匹。これは今までの新記録ペースだそうだ。
 なので、食料調達部隊の表情は明るい。

「アキラ、ちょっといいか?」
「あいよ」

 女達も少し離れた場所で地べたに座って食後のおしゃべりに興じているのだが、立ち上がったシズクがそう声をかけてきたのでそちらへと移動する。
 ちょうど男達と女達の中間での立ち話となる訳だが、誰もが口を閉ざして俺とシズクを注視しているようだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析