ハーメルン
Fallout:SAR
目覚めてみれば




 俺は、どこにでもいるような平凡な中学生だった。
 親戚の兄ちゃんが新婚の奥さんとそれが理由で離婚寸前まで行ったとかで、おふくろが貰って来たゲーム機とたくさんのソフト。
 夏休みに入ったと同時にそんな夢のようなプレゼントを貰い、俺は小躍りするほど喜んだものだ。

 夏休みも中盤に差し掛かった頃だったろうか。いくつかのゲームをクリアして、ゲーム機に突っ込んだ1枚のディスク。
 有名タイトルはもうやり尽したので、適当に選んだゲームだった。
 それが、フォールアウト3。
 始めようと思っただけで時間がかかり過ぎて、もうこれはシカトしようと思って別のゲームを手に取った。
 そこでスピーカからノイズと、すぐに特徴的なメロディーのオールディーズナンバーが流れる。
 古臭いが悪くない歌声だとテレビに目をやると、映っていたのはガラスが割れてどこもかしこも汚れ錆びたバスの車内。その座席には、テディーベアなどのオモチャ。
 どんな状況だよと首を傾げるとカメラが動き、バスが真っ二つに割れている姿と瓦礫の街がテレビに映った。
 そしてそんな景色を気にもしていないような近未来的な兵士が、「なに勝手に人を撮ってんだよ」とでも言うようにカメラを見る。

「日本のゲームじゃ考えらんねえ登場人物のブサイクさに呆れたけど、次の冬休みまでずっとやってたっけな……」
「アキラ。気がついたんだね」
「もしかして俺、寝ちまってたのか?」

 上から聞こえたのは、ミサキの声だ。

「寝てたって言うか、倒れてたんだよ。今はもう、次の日の朝」
「マジかよ……」

 寝てる場合じゃない。マアサさんとジンさんと、シズクも入れて小舟の里の防衛計画を話し合わないと。
 それに、警察署も探索をして。

「ちょっと。まだ寝てなさいって!」
「やる事はいくらでもあるんだ。ちょっと人を殺したくれえでぶっ倒れた男なんて、お呼びじゃねえかもしんねえがよ」
「そんな事はないさ」
「……その声は、シズクか?」
「ああ。今日は食料調達部隊も休暇だ。いいから寝てろ」
「なら、マアサさんと話を」
「長も今日は休みだ。ミサキ、まずは水を」
「わかった」

 どうやら俺は、小舟の里の自室でベッドに寝かされていたらしい。
 肘で体を支えて身を起こすと、心配そうに眉を寄せたミサキがきれいな水のボトルをそっと握らせてくれた。
 喉は渇いていないと思ったが口をつけると、もう止まらない。俺はあっという間に水を飲み干し、大きく息を吐いた。

「もっといる?」
「いや。それより、タバコくれ」
「禁煙ブームの日本で、しかもまだ若いのにヘビースモーカーっておかしくない?」
「流行に乗せられてはしゃげるタイプじゃねえんだよ。そんなおめでたい生き方、まっぴらごめんだ」
「はいはい」

 ベッドの上で胡坐を掻き、シズクが渡してくれたタバコに火を点けて吸い込む。

「え。なんで俺、裸?」

 部屋にはなかったはずの毛布が掛けられているので大事なところは隠れているが、肌触りで全裸だというのはわかる。

「あ、汗が酷かったから。ね、シズク」
「うむ。防具は、向こうのテーブルの上だ。服はセイが1階の水場で洗濯をしている」
「そうなんか。申し訳ねえなあ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析