ハーメルン
Fallout:SAR
精鋭化計画




 目覚めて朝から飲み始めた昨日の休日は、俺の理性を試す試練の日でもあったらしい。
 ミサキは酔ってベッドでセーラー服のまま胡坐を掻きながら飲み続けたし、シズクは必要以上にくっついて俺の体に大きな胸を押し当てながら飲んでいた。
 セイちゃんなどはその様子を見て対抗心を燃やしたのか、裸のままだった俺にだっこしながら飲ませろとまでせがんだのだ。

「んで、今日も雨でお休みですってか。あの部屋にいたら、絶対に理性が保たん」

 シズクとセイちゃんも泊まったので、ミサキを含めた3人は俺達の部屋にいる。
 さすがに2日連続で朝から飲む気はないらしいので安心したが、飲んでいなくてもやたらとシズクとセイちゃんがくっついて来るので逃げ出して来たのだ。
 ミサキも無防備な姿で二日酔いの頭を抱えてベッドにいるものだから、チラチラと見えてどうにも落ち着かなかった。もし見えてもたかが布切れじゃねえかと言う諸氏のがおられるなら、テメエが童貞の時にも同じ事を言えたのかと拳で語り合っておきたい。

「わあ、アキラじゃないっすか。心配してたんっすよー」
「この声は」
「どこ行くっすか?」
「タイチ。心配してくれてたのか、ありがとな。里の見物だよ。市場には屋根があるって言うし。そっちは?」
「ヒマなんで飲みにでも行こうかなあっと。一緒にどうっすか?」
「酒かあ。あのメガネの、小柄なのに巨乳の女の子は?」

 タイチが芝居がかった仕草で肩を竦める。

「フラれたか」
「違うっすよ。弟や妹の面倒を見なきゃいけないんで、忙しいだけっす」
「ま、そういう事にしとこうか」
「ムッ。そっちこそ、ちゃんと卒業したんっすか?」
「出来るかっつーの、タレットと女を交換するなんて。あの2人は後で説得するさ。考え直せってな」
「わかってないっすねえ。それはミサキさんに気を使った、方便ってヤツっす。隊長もセイちゃんも、アキラに惚れたんっすよ。美味しくいただけばいいじゃないっすか」
「こんな冴えない男に? あんな美人姉妹が? ないない」

 雨だからか、市場には驚くほどの人が溢れていた。
 身ぎれいにしている人間などそうはいないので、体臭や屋台の料理の匂い、それに酒の匂いが混じり合って凄い事になっている。とても、足を踏み入れる気にはなれない。

「俺、あそこ入る勇気ねえや……」
「人混みが苦手なんすか?」
「そんな感じ」
「なら、こっちっす」

 タイチが先に立って向かったのは、市場の手前にある階段だった。
 コンクリート製のそこを3階分ほど上がり、タイチは広いフロアに俺を導く。

「おーっ」

 そこ大きなプールを見下ろして競艇のレースを観戦していた場所らしく、野球場のように階段状の客席がズラリと並んでいた。ガラスは割れている場所もあるが、養殖している魚にエサをやっている様子が問題なく見える。

「ここまで上がれば、屋台で買った物を飲み食いする連中もあまり来ないっす。観客席での寝泊りは禁じられてるし」
「なるほどねえ」

 適当な椅子に並んで座り、付き合ってくれているタイチに冷えたビールをご馳走する。

「これは?」
「戦前の酒。しかも、海の向こうのな」
「へえっ。アキラは飲まないんっすか?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析