ハーメルン
Fallout:SAR
計画




 ダアンッ、ダアンッ、ダアンッ

 3発目の直後、バス停から火花が散った。

「へえ。初めてのハンティングライフル、端っこにだが3発目で命中させっかよ」
「どんなもんだっす!」
「使用感は?」
「……このガチャガチャって動作が、いちいち面倒っすね。これしてる時に誰かがマイアラークに食い掛かられたらと思うと、少し怖いっす」
「なるほど。まあその銃は、遠くから1撃で獲物を仕留めるのが目的だからな」
「賢者さんの武器に似てるっすもん」
「オルペインレスかリンカーン・リピーターかな。武器では苦労してるんだろうなあ、賢者が101のアイツなら。3は武器が少ねえし。ああ、でもNVや4の世界が混ざってるんだからレベルが上がったらそうでもねえか。次はこれを試せ、タイチ」

 そうやっていろいろな銃を撃たせてみたが、タイチはどれも早い段階でバス停に命中させた。
 飛び抜けて得意なのも不得意なのもない、実に優等生な副隊長さんだ。

「一通り試してみて、どうだ。もしタイチが銃で戦いに出るとしたら、何を持ってく?」
「うーん。スコープってのが付いたオートコンバットライフルっすかねえ」
「遠距離中距離、どっちもそれで片付けようって事か」
「オイラ達はアキラみたいに、何もない場所に肉を仕舞ったり出来ないっすから。なるべく身軽でいるためっす」

 銃さえあれば遠出も出来る。
 さすがシズクに次ぐ地位にいるだけあって、タイチは頭が回るようだ。
 東の浜松と西の豊橋に向かえば銃で武装しているのを新制帝国軍と大正義団に見られてしまうが、南は海しかなくともまだ北がある。
 それを、ちゃんと理解しているのだろう。

「近距離はよ?」
「やっぱりオートの、10mmピストルっすかねえ」
「面白味はねえが、無難なくらいでいいのか。指揮官でもあるから、特化しすぎると対応できねえ状況が怖いもんな」
「でもこれ浜松の武器屋で買ったら、何百円になるんだろ。考えただけで怖いっす」
「コンバットライフルはツーショット、10mmは痛打かな。爆発なんかは、フレンドリーファイアが怖い。ところでタイチは、どんなトコ住んでんだ?」
「部屋っすか。普通の大部屋を仕切った宿舎っすけど?」
「そりゃあちっとヤバイか」
「なにがっすか?」
「武装すんのはいいけど、欲に目が眩んだ連中にまた武器を盗まれたらどうすんだよ」
「いやいや、こんなん買えないっすから。借金すら出来る額じゃないっすって」

 タバコを咥え、箱をタイチに放る。

「おっと」
「ほら、火」
「サンキュっす」

 最後に試した10mmを宝物のように持ちながら、タイチが美味そうに煙を吐く。
 101のアイツかもしれない賢者も、こんな気分でジンさんやシズクに武器とパワーアーマーを託したのだろうか。

「タイチ」
「なんっすか?」
「もしもの話だがよ。俺とミサキが本当の腕利きになるまで小舟の里の、特に食料調達部隊に肩入れしたとして、どんな問題が起こり得ると思う?」
「期間は?」
「長くて5年、ってトコかな」
「……この島は、長の一族がそれはそれは遠い昔から必死で守り続けてきた里っす」
「並大抵の苦労じゃなかったんだろうなあ」
「はいっす。大正義団の離反で一族は責任を感じてるみたいっすけど、文句があるなら小舟の里を出て行けってジンさんは平気で言うっすよ。あの人は流れ者の山師だったのに、20も年下の長に惚れて惚れて惚れ抜いて防衛隊の指揮官になった人っすから」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析