ハーメルン
Fallout:SAR
基地




「よしよし、反対はしねえみてえだな。まずある程度は小舟の里の守りを固め、俺とミサキと特殊部隊のレベル上げ。それをしてりゃゆっくりと里には新制帝国軍と大正義団に肩を並べるほどの戦力があると知れ渡り、特殊部隊の集めた戦前の品が仕入れられるとなりゃ目端の利く商人が里を訪れるようになる。3年後にその商人の中で信用できそうな人間に新制帝国軍と大正義団との取引を任せられりゃ、この島は楽園とまで呼ばれる結構な街に生まれ変わるぞ」

 まるでRPGでもFPSやTPSでもなく街づくりシミュレーションゲームでも始めた気分だが、俺は昔からそれが嫌いではなかった。
 それどころか、大好物だと言っていい。
 人の命がかかってるからゲーム気分じゃダメだぞと心の中で自分に言い聞かせたが、それでも俺は笑顔を浮かべてしまっているようだ。

「そんな上手く事が運ぶの、アキラ?」
「ダメなら適時、計画を変更するだけさ」
「こうしてはいられないな。あたしは今の話を、長と爺様に話して来る。タイチ、悪いが放送で隊員達を集めて特殊部隊への入隊希望者を募ってくれ」
「聞くまでもないと思うっすけどねえ」
「待て待て。話はまだ終わってねえぞ?」
「むう。なら、早くしろ」

 血が滾っているんだとか言い出しそうなシズクに苦笑を見せ、タバコに火を点ける。

「特殊部隊には銃や防具を貸し出すが、それを持ったまま競艇場に出入りするのは禁止だ。この事務所を詰め所にして、外の駐車場に俺が宿舎を建てる。そこ以外で銃や防具を手放すのは原則禁止。破ればそれがシズクでもタイチでも、特殊部隊から除名。出来るか?」
「舐めるな。うちの隊員は、大正義団が盗んでいった装備さえあれば浜松の山師共なんて相手にもならないほどの精鋭だぞ。普段から心構えなんて、とっくに出来てるんだ」
「そうかい。なら行っていいぞ」
「ああ。行くぞ、タイチ」
「はいっす!」

 そんなに慌てるなと言う間もなく駆け去った2人の背中を見送り、なんとなく目の前の机の引き出しを開けてみた。

「熱い隊長と副隊長だねえ。おっ、観光案内だってよ。浜名湖の」
「へー。どれどれ?」
「セイも見たい」

 キャスター付きの椅子をガラガラと鳴らし、2人が俺の両脇に来る。
 そう大きくはないが柔らかいふくらみが腕に押し当てられたのでミサキを見ると、顔を真っ赤にしながら横っ腹を軽く殴られた。

「ぐほっ!?」
「アキラ、見えない」
「わ、悪い、これでいいかな。それよりどしたの、セイちゃん。そんな肋骨を俺に押し当てて。痒いの?」
「……シネ」
「ごはっ!?」
「今のはアキラが悪い。ねえ、セイって武器を使えるの? 今のパンチはなかなかだったけど。特殊部隊にも入るつもりだよね」
「ん。これで戦う。銃は、部屋にある」

 言いながらセイちゃんがオーバーオールのポケットから出したのは、あちらの日本でもゲームでも見覚えのある特徴的な物だった。

「ダーツ? こんなので戦うって……」
「おお。もしかしてそれを撃つ武器を、師匠に?」
「ん」
「知ってるの、アキラ?」
「ダーツガン。フォールアウト3の、設計図を集めないと作れねえ貴重な武器だ。足を重傷にした上で、毒ダメージまで与えるんだったかな。そうしてしまえばどんな敵からも逃げ切れるし、倒すのも容易い。セイちゃんは、本当に賢者にかわいがられていたんだな。そして、賢者は101のアイツだってこれで確定だ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析