ハーメルン
Fallout:SAR
宴会




 狭い建物とはいえ、物がない状態なら長テーブルを2列に並べて20人ほどが飲み食いできるスペースを確保するのは簡単だ。
 俺が椅子まで並べ終わると、女の子達が外の男共から酒やツマミ、グラスや箸までをも奪ってきて待機所はすっかり宴会場へと姿を変える。

「ねえ、アキラ。台所がないんだけど、ここでこれだけの人数が暮らすのに3食すべて市場で外食かテイクアウト?」
「あー。2階を厨房にすっか。あと、風呂も作ってやりてえなあ」
「アネゴ、まだっすかー? うちの連中、もう外で飲み始めちゃってるんすけど」
「乾杯もせずにかい。ぶん殴られたくなかったら、外にゴミの1つも残さずさっさと中に入れって言いな」
「へーい」

 全員が着席してさあ乾杯だというところで、アネゴが立ち上がって隊員を1人ずつ俺とミサキに紹介し始めた。どうやらタイチは戦闘などでシズクをサポートするのを得意とする副隊長で、アネゴはそれ以外の時に隊員を引っ張ったりするのが得意なもう1人の副隊長さんであるらしい。
 隊員は下が15歳から上が25歳の男女16人。それにシズクとセイちゃんを加えた総勢18名が、この特殊部隊のメンバーとなる訳だ。

「そんじゃ、アキラからも一言」
「俺もかよ!?」
「だってオイラ達、まだこの特殊部隊が何をどうやってする部隊なのかすらあんまわかってないんっすよ。それでも覚悟だけはしてここに来たんっすから、ちゃんと話してもらわないと困るっす」
「そりゃわかる気もするが。まだシズクが話し合いから戻ってねえから、何とも言えねえんだよなあ」
「説明できる範囲だけでいいっすから」
「はぁ。わかったよ」

 俺がどこまで話すべきか考えながら腰を上げると、全員が椅子を鳴らして立ち上がる。それだけではなく、一斉に軍隊式の敬礼までされてしまった。

「あー。まず、座ってくれ。これからもだが、俺に敬礼なんぞは必要ない。俺は特殊部隊の指揮官でもなんでもない、ただの山師なんだからな」

 隊員達は少し迷ったようだが、タイチが苦笑しながら座るとそれに続いて腰を下ろす。

「そんじゃ、タバコでもやりながら聞いてくれ。灰皿は、あるな。実は今、食料調達部隊の隊長であるシズクが長達に俺の計画を説明しに行っているんだ。なので話せる事は、気が抜けるほどに少ない。許可が出ればだが、お前さん達は武装して普段は山師のように廃墟なんかを探索してもらおうと思ってる。ただでさえ死ぬ確率が高いのに、いざ戦争となれば最前線に出るか敵に奇襲をかける危険な仕事だ。それに大正義団という悪しき前例があるから、特殊部隊の設立が認められれば全員ここで暮らしてもらう。競艇場へ家族に会いに行くにも、メシを食いに行くにも武器の持ち出しは禁止。探索に出るにも、……そうだなあ。たとえば、駅で防衛部隊の知り合いに武器を見せろと言われたとする。そこで武器の性能や使い方、保管方法を他言したり、ましてやちょっと持たせてくれって言われてそうしただけでその場で特殊部隊から除名だ。これは、シズクだろうがタイチだろうが変わらない。それと食料調達部隊が里からどれだけの金を貰っていたかは知らんが、その金額が極端に跳ね上がる事もないと思う。つまりは昨日までの友人達から疎まれ、たまの休みの日にしか家にも帰れないのに得る物は少ない。そんな報われない役目を背負うことになる。まだ後戻りできるから、飲みながらよく考えてくれ。以上」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析