ハーメルン
Fallout:SAR
101のアイツからの手紙




 からかわれているだけだと理解はしているだろうに、ミサキはグラスを持ったままアネゴやカヨちゃんに何か言われては、あうあうと妙な呟きを漏らしながら顔を真っ赤にしている。
 俺もタイチにからかわれ続けたがシカトして飲んでいると、息を切らしたセイちゃんがシズクと一緒に戻って来た。

「おかえり。話し合いはどうだった、シズク?」
「バッチリだ。長は全権をタイチに与え、食料調達部隊を特殊部隊として武装させてもいいと許可してくれたよ。ただしその部隊を解散させるも存続させるも、貸し出した装備をいつ返してもらうかもアキラの胸三寸だ」
「オイラがっ!?」
「当然だろう。あたしとセイは、アキラの嫁になるんだし」
「……おいおい、冗談だろ」
「心配するな。しばらくはあたしも特殊部隊と行動を共にするから。その間に、タイチは隊長として成長すればいいし、アキラは嫁を取る覚悟を決めればいい」
「特殊部隊と行動を共にするのはあたしもね、シズク」
「ミサキもか?」
「うんっ」

 嫁どうこうはきちんと話し合わなければと思うが、もしもシズク達が本気だったらどうすればいいのかわからない。
 こんな美人が俺なんかに本気になるはずがないと、頭では理解しているが……

「ミサキ、これっ!」
「あらあら。手紙じゃなくって、ノートじゃない。アキラ、先に読む?」
「後でいいさ」
「ん。じゃ、先に読ませてもらうね」
「おおっ、ビールがあるじゃないか。あたしにもくれ」
「へいへい」

 タイチが副隊長から隊長になると告げられたからか、隊員達は椅子を移動して集まって何事かを話し合い始めた。
 その輪からタイチが追い出され、肩を竦めてビールを呷りながらこちらにやって来る。

「なんでいきなしハブられてんだ、隊長さんよ?」
「オイラは今から、隊長見習いなんだそうっす。なんでオイラと隊長に推薦する、新しい副隊長と伝令を決めてるんっすよ」
「へえ」

 しばらくしてアネゴと並んでこちらに来たのは、最年長の25歳であるメガネの美男子だった。さっきの紹介ではカヨちゃんの兄だと言っていたので、タイチが彼女を口説き落とせれば義理の兄になる人が新しい副隊長になるらしい。

「やはりカズノブか」
「まあ、そうなるっすよねえ」
「仕事中にいちゃつくんじゃないぞ、アネゴ?」
「わかってるって、隊長」

 新しい副隊長のカズノブさんは、アネゴのいい人なのか。
 長身だがどこか線の細い感じのするイケメンの恋人がアネゴとは。もしかするとこっちでは、戦闘能力も立派な女の魅力なのだろうか。

「それはいいけど、なんで泣いてるんだミサキ?」
「ハンカチ、はい」
「ぐすっ。ありがと、セイ。だって101のアイツって人、ホントいい人でさあ。アキラ、ちょっとこれ読んでみてよ。はい」
「ああ。じゃあ、読ませてもらうかな。いい、セイちゃん?」
「ん」

 古ぼけたノートを開く。
 そこにはかなりの達筆でまず、男か女かも、歳がいくつかもわからない運び屋を心配する言葉が丁寧に綴られていた。

「へえ……」
「ね、いい人でしょ。次は運び屋としてここに現れた人間が、どうすればいいかわからない場合のアドバイスが書いてあるのよ」
「おー、スゲエな」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析