ハーメルン
Fallout:SAR
相棒




 ガチッ
 ガチガチッ

 頼みの綱であるレジェンダリー武器、デリバラーはそう虚しい音を鳴らすだけ。

「なんで、……いでえっ!」

 2度目の殴打。

 視界の左下に表示されているHPバーの緑色の部分は、それでほぼ消し飛んでしまっていた。
 ピップボーイを操作して確認する余裕はないが、これでは残HPは2桁も残ってはいないだろう。

 つまり、次に殴られれば死ぬ。

 酷くゆっくりとした動きでまた俺を殺そうとするグールを見ながら、俺は自分がスッと血の気が引いたように冷静になるのを感じた。

 バカらしい。
 こんな痛い思いを、なぜ俺が。
 起きたらメシ食ってゲームして、夜には熱めの風呂に入ってゲームして、たまには酒を飲んで眠くなったら寝る。そんな毎日をたまらなく愛していた俺が、どうしてこんな世界に。

 そう思うと、無性に腹が立った。

 殺してやりたい。
 グールを。
 こんな世界に俺を放り込んだ存在がいるなら、ソイツも。

「へっ。こうして時間が遅く感じるのは、レジェンダリー防具の効果だよな。なら、これも使えるはずだ。見てやがれミイラ野郎。……VATS、起動」

 フォールアウトの主人公が使う必殺技とでもいうべき特殊能力、VATS。その存在をやっと思い出した俺は、迷わずにそれを起動した。

 間延びして聞こえるグールの雄叫びが、ようやく聞き取れる。どうやら俺は、耳障りなその声が耳に入らないほど精神的に追い込まれていたらしい。

 スローモーションの世界で、5連続でトリガーを引くイメージ。
 液晶テレビで見慣れたVATSの攻撃表示が、拳を振り上げるグールに重なっている。

「くたばれ」

 攻撃開始。
 勝手に動き出した俺の体は、まずデリバラーの小さな突起物を親指の先で押し下げた。

 安全装置というやつだろう。アニメやマンガ、ゲームの登場人物がそれを操作するのは嫌というほど目にしていても、実際に自分が銃を撃つとなるとその存在なんてすっかり忘れてしまうらしい。

 マヌケな自分を嗤うように笑みを浮かべながら、俺はデリバラーを撃った。

 胴撃ちの5連射。

 だが銃弾は、3発しか発射されない。
 それはそうだ。
 グールは2発でHPのほとんどを失い、3発目を身に受けて血と肉片を撒き散らしながら吹っ飛んだのだから。

「……ふうっ。赤マーカーはもうない、か。とりあえずスティムパックを」

 回復アイテムであるスティムパックは、5000個ほどピップボーイのインベントリに入っている。ケチる必要はないだろう。
 大きな注射器のようなそれを自分にぶっ刺すのは少し怖いが、こんなミリしか残っていないHPで自然回復を待つよりはいい。

「ぐっ。やっぱいてえけど、グールに殴られたほどじゃないな。お、HPが回復してく。これは、難易度サバイバルの回復スピードか。やれやれだ」

 ゆっくりと流れていた時間が、HPの回復と同時に元に戻る。
 レジェンダリー防具の固有効果、『体力が20%以下になると時の流れが遅くなる』がHPの回復で切れたのだろう。

 じわじわとHPが回復しているのでバーがすべて緑色になるのを待ちながら、周囲を見渡しつつピップボーイのインベントリからタバコとライターの取り出しをイメージする。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析