ハーメルン
Fallout:SAR
オセ、リバーシな!?




 タイチに慰められながら待機所に戻り、不貞腐れながら紫煙を吐いてビールを呷る。
 飲み会中のいい見世物だったとラストスタンドのお披露目は好評だったようだが、俺が非力でミニガンどころかライフルすらマトモに使えないとバレたらどうなるのだろうか。
 幼い見た目のセイちゃんや、マジメそうなカヨちゃんにまで笑われそうで怖い。

「そうだ。弾を渡しとかなきゃな。これはピップボーイのインベントリに入れても重さは関係ねえから、とりあえず1万発くれえ入れとけよ。なあ、さすがは英雄の運び屋サマ?」
「だからなんで拗ねてんのよ。いい加減にしないと、ぶん殴るわよ?」
「……サーセン」
「まったく。でも、ありがと。銃も、弾も。それから、あんな大きな盾はあたしの身を案じてなんでしょ?」
「お、おう」

 まっすぐ目を見てうれしそうに言われると、美少女耐性が低いのでどうしたらいいかわからなくなる。

「妬けるなあ。それでアキラ、明日からの特殊部隊の予定は?」
「防衛部隊の持ち場の近所にタレットを設置しながら、銃の撃ち方を練習。まずはそれがいいんじゃねえか」
「なるほど」
「それが終わったらマアサさんとジンさんと俺とシズクで、地図とにらめっこしながら里の防衛計画を練るだろ。それからその工事だから、それが終わるまで特殊部隊は俺と一緒に工事現場で訓練かねえ」
「警察署の探索と、悪党の討伐はその後か」
「悪党だけでも急いだ方がいいなら、明日にでも俺が出張るが?」
「いや。次に行商人が来るのは、5月の1日だ。急ぐ必要はないさ」
「まだ2週間もあんのか。なら大丈夫そうだなあ」
「ああ」
「アキラ、ボートは?」
「工事が終わるまでに使えるようにしといてくれるとありがたい。この核分裂バッテリーは、セイちゃんが持っててくれ」
「ん。わかった。なら、行こう」
「どこに?」
「お店」

 そういえば昨日は俺がだらしなくぶっ倒れたので、まだ円を手に入れていない。
 俺とミサキは一文無しのままだ。
 そう思ってミサキに視線をやると、明らかにウキウキとした表情で頷かれる。

「ほんじゃ、行くか。おーい、もう特殊部隊の宿舎は出来てんだ。今日は泊まってくってヤツは?」
「ちなみに部屋は男女は別だよな、アキラ?」
「基本的にな。でも敷地は余ってっから、カップルには離れた場所に小屋を用意してやる。アンアンうっせえって苦情が来ねえようによ。ありがたく思え、ハナちゃん?」
「誰がハナちゃんだ。だが、ありがたいねえ。夜が待ち遠しいじゃないか」
「カップルはカズハナだけか?」
「もう1組。まあ少しすりゃ、もう1組増えるかねえ」
「ふうん。そのニヤニヤ笑いしながらの視線で察したが、あんなのが相手でいいんで? カズさん、実の兄として」
「まあカヨもまんざらではなさそうだし、しばらく見守るつもりではいるよ」
「だとさ。良かったなあ、タイチ?」

 少し頬を赤らめ、タイチが笑顔で頷く。
 カヨちゃんの方はもう、耳まで真っ赤だ。
 爆ぜろと思う気持ちがない訳ではないが、危険な仕事を選んだ2人だから結ばれるなら早い方がいい。どうせなら早く孕ませちまえと思いながら、飲みかけのビンを飲み干して腰を上げた。

「シズクも行くか?」
「飲んで待ってるよ。ここにいる連中は賢者に譲られた武器を使った経験がある者ばかりだから、どんなのが得意だったか話しながら思い出しておく」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析