ハーメルン
Fallout:SAR
出会い




「いい天気だなあ、ドッグミート。こうも晴れてっと、なんとなく気分もいい」
「わんっ」
「……まあ、昨日のこれがなきゃだけどよ」

 春の陽射しに照らされているのは、昨日俺がVATSで射殺したグールの骸だ。
 それと店先にある2人分の遺骨をなるべく見ないようにしながら、俺は木下商店のタンスにあった細紐で肩にかけられるようにしたショートライトコンバットライフルの装填と安全装置をしっかりと確認した。

「ったく。ゲームが現実になると、銃の重さがこんなにも影響するとは。信じらんねえよなあ。オーバーシアーなんかこれの4倍近くも重くて、Strengthが3しかない俺じゃマトモに扱えやしないんだぜ?」

 レジェンダリー武器は、それこそ売るほど大量に持っている。

 だが木下商店の茶の間で朝メシのヌードルカップを啜りながら試してみたところ、どうやら武器や防具に設定された重さがレベル1でしかない俺の体にかなりの負担をかけているようなのだ。

 昨日そこで死んでいるグールに苦戦したのも、きっとそのせいだろう。
 防具をいくつも装備しすぎて体が重かったから苦戦したのであって、別に俺がヘタレだからとか、運動神経が悪いから手こずったわけではない。きっとそうだ。

「武器も防具も、違和感を感じずに動けるのはStrengthの2倍まで。だから防具はアーマード軍用戦闘服に、ちょっと重いけど受難者の右腕だけ。武器なんて使えるレジェンダリーはデリバラーだけだ。嫌になるってんだよなあ」
「わうー」
「ははっ。僕に言われてもねえ、って感じか。そりゃそうだ。行こうぜ。目指すは、どこにあるかもわかんねえ駅だ」
「わんっ」

 木下商店で地図を見つけられなかったので、勘を頼りに歩き出す。

 常に俺の視線や歩みを確認しながらドッグミートが先に立ってくれるので、非常に心強い。
 崩れた建物の間、荒れ果てた道を少し歩くと川に突き当たったので、タバコに火を点けながら左右どちらに向かうべきか考えた。

「わんっ!」
「ん、どした? 今どっちに行くか決めるから、ちょっと待ちなって」
「わんわんっ!」

 ドッグミートの様子がおかしい。
 俺の顔と川に向かって左の道を交互に見ながら、前足で地面を掻くようにしてまた吠える。

「おいおい、どうしたってんだよ?」

 パンッ
 パシュッ、パシュッ

 道の先から聞こえたのは、頼りない銃声。
 間違いない。
 しかも片方はエネルギー系の武器だ。

「マジか。誰かが、何かと戦ってる?」
「わんっ!」
「まさか、助太刀に行こうってんじゃないだろうな?」
「わんっ!」

 ドッグミートが駆け出す。

 こんな世界で敵か味方かもわからない人間のために戦闘に介入するなど、とても正気の沙汰とは思えない。俺は別にこの世界で、聖人ロールプレイをするつもりなどないのだ。
 どちらかといえばウェイストランドの住民らしく慎重に小狡く立ち回って、他人がどうなろうと自分が生き残れればそれでいい。
 それなのに。

「……くそ、バカ犬がっ。終わったらどんなに嫌がっても体中を撫でくり回して、俺が飽きるまで肉球をぷにぷにしてやるっ!」

 ドッグミートはもう、道の先の交差点を左に曲がっている。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析