ハーメルン
Fallout:SAR
説明




「来たか。ずいぶん遅かったな?」
「制服を手洗いして、脱衣所に干してから来たのよ」
「そうかい。メシを用意しといたから、食いながら話そう」
「凄い。湯気が立ってるなんて。ここで作ったの?」
「いや。それも食いながら説明するから、まず座ってくれ。丸1日飲まず食わずなら、このくらい食えるだろ。育ち盛りなんだし」
「ほんの少しだけ年上なだけのくせに。でも、ありがとう。遠慮なくいただくね」
「ああ」

 リスシチューに息を吹きかけて少し冷ましてから口に入れた少女は、とてもいい笑顔で微笑んでくれた。

 どうでもいいがバスローブで女の子座りなんてしているものだから、裾から見えている生足が非常にエロい。
 胸元も最初はしっかり隠されていたのだが、食事をするうちに少しずつはだけ、そう大きくはない谷間が見えるようになってきた。
 無防備けしからん。いいぞ、もっとやれ。

 金がないのでコンシューマー機でフォールアウト4をプレイしていたし、MODどころかダウンロードコンテンツが配信される前にこちらに来たので、ゲーム内では自己満足的でしかなく作る意味などなかったはずの料理だが、これだけ美味そうに食ってもらえるのなら材料が集まるたびに作っておいた甲斐がある。

「まずは、何から話そうか。とりあえず、ここが俺達の暮らしていた日本じゃないって事はわかるな?」
「ほれはほうよー」
「……食いながら話すな」
「なによ。口うるさいわねえ、男のくせに。パパみたい」
「ほっとけ。ほら、ドッグミート。ヤオグアイのバラ肉だぞ、さっきはよく2人を見つけてくれたな。好きなだけ食え」
「あんっ!」
「ED-Eにはオイル缶だ。機体に合わないならMr.ハンディ・フュエルもあるぞ?」
「ぴいっ」

 ジャンクのオイル缶の中身はED-Eが取り入れても問題はないらしく、器用に缶を傾けて筒状の注ぎ口の先からそれを補充している。

「それで、ここが現代日本じゃないならどこだって言うのよ」
「あっちじゃゲームとかしなかったのか、運び屋?」
「なによそれ、センスのないあだ名ねえ。自慢じゃないけど、あたしはかなりのゲーマーよ」
「へえ。じゃあ、フォールアウトって名前くらいは知ってるだろ」
「……し、知らない」
「はあっ? 世界でも10指に入るほど有名なシリーズだぞ!?」
「へっ。が、外国にもテレビゲームってあるの? 日本だけの遊びだと思ってた」
「……ちなみに、オマエさんはあっちでどんなゲームを?」
「スマホのかわいい系なんかを、手当たり次第に。あ、学生だったからもちろん無課金でね」
「まさかのソシャゲかよ。よし、最初から説明してやる。耳の穴をかっぽじって聞け、エセゲーマー」
「な、なによ。その言い方はっ」

 フォールアウトシリーズの説明も時間がかかったが、フォールアウトNVの詳細やフォールアウト4との違いを1から説明するのはかなり骨が折れた。
 なんせ相手は、洋ゲーどころかコンシューマー機すら持っていなかった女子高生という未知の生物なのだ。

 話し終える頃にはすっかり日が暮れ、俺達はランタンを灯して晩メシを食い始めている。

「ふうん。じゃあこのえっちゃんが味方だから、あたしがニューベガスってゲームの主人公かもって事なんだ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析