ハーメルン
Fallout:SAR
説明

 そうするための労力は、複数のフェラル・グールを撃ち殺す事よりも大きかったような気がする。

「もう寝息を立ててやがる。無防備すぎるだろ」

 眠るならピップボーイのインベントリにあるベッドを出してやればよかったなと思いながら、フォールアウト4には毛布や布団というアイテムがないので、少しでも暖かそうなイエロー・トレンチコートを出してミサキの体にかけた。

「んんっ」

 もぞもぞと動いてトレンチコートを体に巻きつけるようにして、ミサキは満足そうに微笑みながら穏やかな寝息を立てる。
 お気楽な女だとは思うが、その微笑みで、荒み始めていた心のどこかを慰められた気がした。

「ぴー」
「わふっ」
「何を言いたいのかは知らんが、からかってるつもりなら明日からメシが粗末な最低限の物になるぞ?」
「ぴーっ!」
「わふぅっ!」
「いいから寝ろ。ランタン、消すぞ」

[9]前 [1]次話 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:4/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析