ハーメルン
Fallout:SAR
廃墟の街へ




 結論から言うと、ミサキの射撃の腕はどうしようもないほど壊滅的だった。

 30メートルの距離から手持ちの未改造武器をすべて試したのだが、ブロック塀の上に並べたジュースの空きビンは1本も砕けず、それどころか5メートルまで距離を詰めても1発も命中しなかったのだ。

「……スゲエな。この距離からショットガンの散弾をぶっ放してビンを割れねえとか、ある意味とてつもねえ才能だぞ?」
「うっさい。普通に女子高生やってて、銃なんか上手いはずがないでしょ。それにこれ、弾がちっちゃいからダメなのよ。なんかこう、どかーんっって感じの武器はないの?」
「ドカーン? ミサイルランチャーやヌカランチャーならあるが」
「ミ、ミサイルはちょっと怖いわね。じゃあ、ヌカナントカってのを出してよ」
「本当にいいのか?」
「何がよ?」
「ヌカランチャーは、小型の核弾頭を生身で発射するための兵器だ。ミサイルの誤射でもHPがすっ飛ぶほど低レベルの俺達には、とても扱える武器じゃねえと思うんだが」
「そんなの使う訳ないでしょっ。ああもうっ、クリーチャーを殴り殺せるならそれが一番簡単なのにーっ!」

 近接、それもナックル武器をお望みときたか。
 アイドルのようにかわいらしい顔立ちをしているのに、どんな武闘派なんだか。

「殴るって、格闘技でもやってたのかよ?」
「パパが経営する会社の横に立てた道場で、空手を教えてたのよ。あたしも小さい頃から習ってたから有段者だし」
「社長令嬢のJKが、フォールアウトの世界でクリーチャーを殴り殺すのかよ。まるでマンガだな」
「銃が使えないんだから仕方ないでしょ。それであるの、殴るための武器っ!?」
「あるっちゃあるがなあ……」

 近接戦闘は敵に肉薄して行うというのもあるが、それより怖いのはフレンドリーファイア。
 つまりは俺の撃った銃弾がミサキのHPを削ってしまう事だ。

 自分の銃弾が味方を傷つけないPerksがフォールアウト4にはあるが、コンパニオンが対象のそれがミサキにも適用されるかはわからないし、たしかそれを取得するにはCharismaの値がかなり高くなければいけなかったはず。
 Luck以外が3しかない俺がそれを覚えるには、かなりのレベル上げが必要となる。

「ねえ、それを借りるのってダメなの?」
「俺は銃で戦うからなあ。戦闘中ミサキに俺の銃弾が命中したら、落ち込むなんてレベルじゃねえぞ」
「それなら平気よ。アキラが銃を構えたら、絶対に前には出ないようにするから。だからお願いっ」
「……条件がいくつかある」
「なんでも言って」
「戦闘中は、俺の指示に従う事」
「そんなの当たり前じゃない。あたしは、ゲームですら戦った事ないんだし」
「それとヒマがあれば、銃の練習もする事。Strengthが10もあるミサキなら、今の俺が使えないレジェンダリー武器だって扱えるはずなんだ」
「ううっ。あの音と火薬の臭いは嫌いだけど、アキラが言うなら練習する」
「そうかい。じゃあ近接武器、それもナックル系を出すから、気に入ったのを選べ」
「ありがとっ」

 EDーEに周囲を警戒してもらいながら、地面に武器を並べてミサキに選ばせる。

「うーん」
「その2つで迷ってんのか?」
「そう。メカメカしいのと毒々しいの、どっちがいいかなあって」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析