ハーメルン
Fallout:SAR
発見 悪党のコンテナ小屋




「ねえ、アキラ。あれって貨物列車と踏切じゃない?」
「だな」
「やった。ワイルド・モングレル倒して、お昼ごはん食べてからまだ2時間だよ。夕方までに駅に着けるかも。いこっ」
「バカ、待てっ!」

 強い語気で制止しながら、駆け出そうとしたミサキの腕を掴む。

「やっ。な、なにっ!?」
「いいからステルス、ってもわかんねえか。姿勢を低くしながら、そこの崩れたブロック塀の陰に。急げ」
「も、もうっ。いきなり強引すぎるってば」

 脱線して倒れた貨物列車のコンテナは、雨風を凌げるいかにもな隠れ家だ。

 ピップボーイのインベントリから、Strengthが3でも使えそうなスコープ付きのライフルを探す。
 見つけて取り出したのは、スコープ付きレーザーライフル。
 攻撃力60は少しばかり頼りない気がするが、ハンティングライフルやスナイパーライフルは重いのでこれでガマンするしかない。

 崩れかけた民家のブロック塀に身を隠しながら、スコープでコンテナの周囲を舐めるように見回す。

「も、もしかして敵?」
「いかにもクリーチャーの巣になってそうな場所だからな。なんだと思ったんだ?」
「べ、別に。それでいるの、バケモノは?」
「まだわからん。少し様子を見るから、水でも飲んどけ」
「わかった。あの店にあった飴ちゃんもたーべよっと」
「駄菓子か。もし蛍光塗料みたいな色のがあっても、それだけは食うんじゃねえぞ」
「へ。なんで?」
「核物質が入ってるかもしんねえ」
「ええっ、子供向けのお菓子にっ!?」
「そんくれえイカレた世界なんだよ、ここは。飲み物食い物のHP回復量の下に、Radsって表示があるのは出来るだけ口にするな。放射能を除去する薬はあるが、気分的に良くはねえだろ」
「はあ、どんなゲームしてたのよ。気をつけるわ」
「そうしてくれ」

 10分ほどしゃがんだステルス状態で辛抱強くスコープを覗き込んでいると、コンテナの入口から人影が出て来るのが見えた。
 忌々しそうに空を見上げて腕を回し、その後はあくびをしながら腰を伸ばすような仕草をしている。

「……ビンゴ。やっぱり住み着いてやがった」
「それってあの気持ち悪いフェラル・グール、それともドッさんと違ってかわいらしさの欠片もないわんちゃん?」
「ドッさんって、ドッグミートの事かよ。そのどっちでもねえな。いたのは人間だ」
「わあっ。じゃあ、もう目的達成したも同然じゃない。挨拶して駅の場所か、近くの街がどこにあるか聞きましょ」
「相手の名前が悪党・ヤスで、銃を担いだ髭面の筋肉質なおっさんでもか?」
「あ、悪党?」
「そうだよ。さらっとしか話さなかったが、フォールアウトシリーズで経験値や金を稼ぐ一番簡単な方法は、レイダーって連中を殺して装備をすべて剥ぎ取る事だった」
「レイダー?」
「殺した人間の死体をオモチャにして家の前に飾ったり、人肉を食ってるって話もあったな。麻薬なんかをやりまくりの武装した、好戦的でイカレた連中だよ」
「うえっ。そのレイダーが、こっちじゃ悪党なの?」
「わからん。出来るならミサキに人殺しはさせたくねえし、進路を変えるか。線路の位置さえわかれば、今はそれでいい」

 途中で橋も渡ったしワイルド・モングレルを倒した場所からは少し離れたが、位置的に線路を右に進めば陸橋かトンネルで川を渡るはずだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析