ハーメルン
Fallout:SAR
小舟の里へ




「あ、そろそろ戦闘が終わるよっ。怪我をした人もいないみたい。良かったあ」
「夕陽が沈み切る前にカタがついて助かった。そんじゃ、行って話してみるな」
「万が一アキラが攻撃されたら、迷わずに助けに行くよ?」
「泣けるねえ。愛だな、それは」
「ちゃ、茶化さないでよっ!」
「ははっ。襲われたら威嚇射撃して、一目散に逃げて来るさ」
「ムリしないでね。絶対だよ?」
「ああ」
「……いってらっしゃい」

 何本目かのタバコを咥えたまま、マイアラークを解体し始めている人間達に向かって歩く。

 橋に足を踏み入れる辺りで雑兵の1人が俺を指差して何事かを叫んだが、日本刀を抜き身のまま担ぐようにしている女の一喝ですぐに解体作業へ戻った。
 女がかなり年下の少女だけを連れ、こちらに向かって歩き出す。

「銃も持ってねえのに、いい度胸だ。パイプピストルと38弾をくれてやったら、1回くれえやらしてくんねえかな」

 声が届きそうな距離で足を止める。

 それでも女はズカズカ歩を進め、俺から5メートルほどの位置まで来てようやく止まった。
 タバコの煙も届きそうな距離なので吐き捨て、ブーツの底で踏む。

「銃を持ち、戦闘用のアイボットまで連れているか。大正義団にも新制帝国軍にも見えんが、何者だ?」
「アイボットを知っているとは博識だな。旅人だよ、ただの」
「……そのような言葉を信じろと?」
「本当の事だからな。ところで、大正義団と新制帝国軍ってのの情報が欲しい。水か食料か武器をそれなりに提供するんで、話を聞かしちゃくれねえか?」
「大正義団と新制帝国軍を知らないとは、本当にこの辺りの人間じゃないようだな」
「旅人って言ったろ」
「荷物なんて持ってなさそうだが。ま、まさかその腕の機械はっ!?」

 ピップボーイを知っている、か。

 今がフォールアウトシリーズの歴史で何年なのかは知らないが、どうやらこの女はかなりの知識人であるらしい。

「そういう事さ。で、どうする?」
「……今、伝令を走らせる。少しだけ待ってくれ。私は小舟の里に雇われている、食料調達部隊の指揮官に過ぎないんだ」
「小舟の里、ね。いいさ。待つよ」
「ありがたい。夜になる前には里に案内して、話をする事が可能だと思う。セイ、長に見たまま聞いたままを伝えてくれ」
「ん。返答は放送する」
「助かるよ。タバコ、やるかい?」
「いただこう」

 橋の真ん中で夕陽に照らされながら、2人でライターの火を分け合う。
 俺は橋の向こうへと駆け去るジーンズのオーバーオールにTシャツの中学生くらいのショートカットの女の子を見ていたが、日本刀を担いだままの女はミサキ達の方へ視線をやっているようだ。

「かわいらしい連れだな。それに、ずいぶんと心配そうにこちらを窺っている。愛されているじゃないか」
「成り行きで保護者をやってる。あの子を守るためなら、街の1つくらい焼き尽くすぜ?」
「怖い兄貴もいたものだ」

 兄。
 そんな感情はなかったが、言われてみれば俺とミサキはそんな感じに見えるのかもしれない。

「小舟の里ってのは、どんな街なんだ?」
「東の浜松の街は、新制帝国軍の支配下にある。そこでは兵隊が幅を利かせてるから、それじゃ住み辛いと思った連中が集まって来る街さ。治安はいいよ。銃を持ってるのなんてたまに来る行商人とその護衛か、さらに珍しい君のような旅人だけだし。素行の悪い住人は、すぐに追い出してしまうんだ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析