ハーメルン
やはり俺の青春にウルトラマンがいるのはまちがっている
比企谷八幡は過去を語る

side八幡

ファミレスでの話し合いから数時間後の夜、俺は先生と共にバーの店先にいた。

用件なんて語るまでも無い、川崎の夜勤を止める事と、スカラシップを教える事だ。

セシリアさんからのメールで川崎が店にいる事は確認済み、何時でも入って声を掛ける事が出来る。

だがしかし、何故まだ外にいるのかと言うと・・・。

「あの、先生・・・、タキシードに着替える必要、有りました・・・?」

今の俺の恰好に、今だ自分自身が納得いってないからだ。

あの後、先生に連れられてスーツを扱う服屋に赴き、俺に見合ったスーツを仕立ててくれた。
結構上質なスーツばっかりだったから、正直言って場違いにもほどがあった。

しかもだ、先生が全額出してくれるというとんでもない状況だったから、周りの目が歳の離れた兄弟を見る様な目だったよ。

濃いめのシルバーで統一されたタキシードは、学生の俺が着ても大人っぽい印象を受ける。

しかもシルバーは、バーの内部照明の中で映える色だ、いい感じに目立つそうだ。

「良く似合ってるよ、それ一着持ってたらこれからの催し事に着て出れるだろ、プレゼントするよ。」

「い、いや、こんな良いの、申し訳ないっすよ・・・。」

スーツの質もそうだけど、値段も学生が着て良い値段じゃなかった。
俺の小遣い何年分だよ・・・、一体この人、どうやってそんなに稼いでるのか・・・。

「気にするな、良い女を口説く男が冴えない恰好だと華が無い。」

「それは、先生レベルのイケメンに適用される事でしょ・・・、俺なんて、大した事・・・。」

俺なんて目が腐ってるし、背も先生程高くない。
正直言って冴えないのは分かってる。

「オラ、口説く前に辛気臭い顔してんじゃねえよ、自信持て。」

「いっ・・・!?せ、先生、背中叩かないで下さいよ・・・!」

背中に直撃する衝撃につんのめりながらも、俺は彼を見る。
そこには呆れた様な、それでいて優しい表情を浮かべた先生が笑っていた。

「君が君をどう思おうと勝手だ、だが、人から向けられる想いは無碍にはするな、ホント、君達は似ているよ。」

「君達って・・・?」

誰の事を指しているのか・・・、まぁ、気にするこっちゃ、無いのかな・・・?

「さぁ、そろそろ、サラリーマンも帰る時間帯だ、御姫様を攫って行け。」

「それってただの誘拐っすよ・・・、まぁ、行って来ます。」

何時までもだらだら話してても問題は解決しない、だったら、さっさと乗り込んで話を付けて即離脱に限る。

「おう、君なら大丈夫だ、セシリア達にもフォローは頼んでる、心置きなくやって来い。」

サムズアップして見送ってくれる先生に頷きつつ、俺は店の入り口の扉を開けて中へと足を踏み入れる。

「いらっしゃいませ・・・、って、あんた・・・。」

店に入るや否や、カウンターでグラスを拭いていた青みがかったロングヘアーの女、川崎沙希が俺を睨んでくる。

一応客なんですがねぇ・・・、まぁ、ファーストコンタクトがあんま良くなかったから当然って言えば当然か?

「ノンアルコールで二つ頼む、話がある。」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析