ハーメルン
やはり俺の青春にウルトラマンがいるのはまちがっている
比企谷八幡は敵意を示す

side八幡

「比企谷君、いい加減に説明してくれないかしら?」

川崎の深夜バイトの問題を終わらせてから数日たったある日、部室で数学の参考書を流し読みしながらくつろいでいると、雪ノ下が棘のある言葉で尋ねてきた。

その目は殺気を滲ませており、見る者を射殺す様な圧力があったが、ギンガとして戦う俺には気に留めるほどの事じゃないため、無視して参考書に目を通し続ける。

織斑先生が教える数学は俺の中にある数学の悪いイメージをかなり覆すぐらいに分かり易いから、今までの数学を軽く解いてみたらあら不思議、どういう訳かあっさり解けてしまった。

とどのつまり、俺の性には合ってたが、やり方が分からなかったから理解出来なかっただけという事か?
だとすれば、俺はかなり損をしていた様なもんだな、それが分かっただけでも儲けものだな。

お陰でこの前あった中間テストの出来はこれまでよりも一層良い。
私立文系目指してるとは言え、センター利用なら数学も必須科目になるからな。

「ヒッキー!説明してよっ!!」

うるせぇビッチ、考え事してる横で喚くんじゃねぇよ。

タメ息を吐きながら参考書を閉じて声の方を見ると、雪ノ下は俺を鋭い目で睨んでくるわ、由比ヶ浜に到っては怒気すら窺える目をしてこっちを見ているわで、相当険しい様子だった。

しかしだ、一体何を説明しろと言うのか、特に何も説明するべき事なんて無い筈だが・・・?

「説明?何の事だ?」

「恍けないでちょうだい、貴方が独断で行った、川崎さんの件についてよ。」

あー・・・、川崎の件か・・・、確かに俺の独断で受け持った件なのは確かだな。

だが、あれは依頼達成を確認した後、しっかり報告したはずだがな?
といっても、その報告もつい昨日の事なんだけどな。

「しただろ、川崎は深夜バイト辞めて予備校にスカラシップ利用で通う事になった、これが理解できねぇならお前の頭は帽子を乗せる為だけに存在してる様なもんだぜ。」

同じことを二度も言う趣味は無い、それに、俺は犯罪を助長する事をしたわけでも無い、寧ろ、それを手前で止めたまである、なんでそんな簡単な事がなんで分からないのか・・・。

「そういう事を聞いている訳ではないわ!どうして私達に報告しなかったのかと聞いているの!」

「そうだよ!奉仕部の活動なら、アタシ等全員でやるべきじゃん!」

俺の態度が気に入らなかった雪ノ下は烈火の如く怒り、由比ヶ浜は便乗する形で共同の必要性を叫んだ。
なるほど、俺独りで依頼を解決した事が気に喰わないという訳か、なんて傲慢な女達だ、吐き気がするぜ。

「それが妥当だと判断したからだ、お前らが関わった所で何にもなりやしなかった、それに、お前等じゃ解決できなかっただろうぜ。」

嫌気が出てしまうのを抑えつつ、俺は当て付けも込めて深くタメ息を吐きながらも話す。

「なんですって・・・?」

俺が嘲笑っているとでも感じたのか、雪ノ下は更に鋭い目で睨みつけてくる。
甘い、こんな程度で乗せられている様じゃ、三浦となんの違いも無い。

「雪ノ下、お前は恐らく、深夜アルバイトは法に触れるからやめろと言ってだろうな、鉄の女らしい正義の言い方だ、間違っちゃいないわな。」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析