ハーメルン
やはり俺の青春にウルトラマンがいるのはまちがっている
川崎沙希は光の巨人と出会う

side沙希

深夜アルバイトから夕方のシフトに切り替えて、スカラシップの申し込みと適用試験を終わらせてから数日が立った。

アイツ、比企谷八幡が教えてくれた通り、あたしは想像以上に安い費用で予備校に通えることになり、尚且つ、バイトも家族や自分の為の時間を作れるようにしてくれた。

少し前までは、自分の生まれの不幸と不公平さを恨んでばっかりで、周りを見る事が出来てなかった。

今思えば、なんて視野が狭くて愚かだったんだろうかと後悔する事も多い。

でも、そんなあたしの曇っていた目を晴らしてくれた男がいた。

比企谷八幡。
目が少し怖い、根は優しい男・・・。

初めて会った時は、アイツの事を全然知らなくて、職業希望の欄に専業主婦とか書く、ふざけた事を言う世間知らずとしか思っていなかった。

でも、それは見当違いだったらしい。
他人に拒絶されてるから関わりたくない、それでも家族だけは悲しませたくないって想いの裏返しだった事を打ち明けられた時、あぁ、コイツも一緒なんだなって感じさせられた。

あたしも周りから弾かれ、虐げられてきて、周りになにかを期待するのを諦めて、家族の事を一番に思って人付き合いを絶って、ボッチの道を選んだ。

似たような立場に似たような経験・・・。
その方向は違っても、家族への愛だけは同じだった。

鏡写しと言うほどじゃないけど、似た者同士って奴なんだろか・・・。

そんなあいつだから、あたしのこと、ちゃんと見てくれたのかな・・・?

って、なに考えてるんだろうね、あたし・・・!

少し赤くなった頬を誤魔化す様に頭を思いっ切り振って、あたしは幼稚園への道を急ぐ。

用があるとすれば一つしかない、可愛い可愛い妹を迎えに行くためだ。

「あっ!さーちゃーん!!」

幼稚園に入った途端、あたしを見付けたか、けーちゃんこと川崎京華がこっちに駆け寄ってくる。
あぁ・・・、天使がこっちに降りてくる、違った、こっちに駆けてくるだった、間違えてはいけない。

「けーちゃん、一緒に帰ろうね、今日は好きなもの作ってあげるよ。」

「やったー!」

夕食を何でも好きなのを作ってあげると言うと、けーちゃんは飛び跳ねんばかりに喜んで、とびっきりの笑顔を浮かべた。
あぁもう・・・、ホント癒される・・・、写真に撮りたいぐらいに最高・・・!

それは兎も角、けーちゃんだけじゃなくて、家族みんなに心配かけてたんだ、少しは皆の為に頑張らないといけないね。

幼稚園から帰る道すがら、そんな事をふと考える。
こういう余裕が持てるのも、やっぱりアイツのお陰なんだろうなぁ・・・。

「あれ、姉ちゃんにけーちゃん、今帰り?」

「あ、たーちゃん!」

そんな事を考えていると、あたし達を見付けた大志がこっちに寄って来る。

「アンタも今帰り?それにしちゃ随分遠回りな気もするけど?」

大志の通う中学は、幼稚園の方向からは別方向にあり、ここに来るまでにはそれなりの時間が掛かる。

まぁ、荷物置いてからこっちに来れば、あたしと同じぐらいの時間には来れるか。

「姉ちゃんに聞いとこうと思ってさ、お兄さんのこと。」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析