ハーメルン
やはり俺の青春にウルトラマンがいるのはまちがっている
川崎沙希は比企谷八幡に近付く 前編

side八幡

「くっ・・・!なんなんだ、あいつッ・・・!?」

光線技の相殺反動で吹き飛ばされ、変身が解除された俺は、戦っていた場所から少し離れた川に落ち、そこから這い出ながらも呻いた。

いきなり俺と同じウルトラマンに攻撃されて、変身解除させられた挙句、運悪く川落ちするなんて目に合ったんだ、恨み言の一つや二つ言いたくなるもんだ。

「八幡君!大丈夫か!?」

なんとか土手まで上がり切った所で、バイクで追ってきた先生が俺に駆け寄ってくる。

スーツの上着を脱ぎ、俺に掛けてくれるあたり、この人は俺を本当に心配してくれてるんだなぁ・・・。

って、今はそれどころじゃない・・・!

「せ、先生・・・、あのウルトラマンは・・・、何です・・・?なんで俺を・・・!?」

先生の仲間の事を信じられない訳じゃ無いけど、あんな事されちゃ疑いたくもなる。

今迄独りで戦ってきたから、これじゃあただ敵が増えただけにしか思えない。

「分からない、だが少なくとも、セシリアやシャル、俺の身内の誰かが変身したウルトラマンじゃないのは確かだ。」

俺の身体を、持っていたタオルとハンカチで拭いてくれながらも、先生は話を続けた。

「それに、君のウルトラマンの姿を撮った写真は全員に配ってある、間違っても攻撃はされない筈だ。」

「と言う事は・・・、ギンガと同じ、新しいウルトラマン・・・?」

先生の言葉を信じるなら、大流星群以前のウルトラマンを先生達とするなら、俺達は新参者のウルトラマンだと言える。

つまり、どっかの誰か、それも悪意を持ったヤツにウルトラマンの力が渡ってしまったという事だろう。

「それは分からん、俺の方で調べは進めておく、君は身体を温める事を先に考えろ。」

「はい・・・。」

五月に入ったとは言っても、まだまだ夏には程遠い気温、それに加え、日も暮れかけていて川辺だ、濡れた身体でいるのはマズイ。

そう思いながらも、俺は濡れた身体を拭き続けた。

「次は、絶対に負けない・・・。」

これまでに無かった、妙な悔しさを抱えたままで・・・。

sideout

side沙希

「うっ・・・!なんだ・・・!あのウルトラマン・・・!?」

吹っ飛ばされて、大志と京華が横たわる場所に倒れ込んだアタシは、自分でも出した事の無い様な声で呻いた。

ビクトリーへの変身は既に解かれていても、受けたダメージはある程度残るみたいだ、身体中のあちこちが軋んでいる。

「仕留めきれなかった・・・!!やっぱり、強い・・・!!」

まだビクトリーの光を掴んで一時間も経ってないのに、あのウルトラマンに勝てるとは思ってなかったけど、それでも身内の仇ぐらいは取りたかった。

まぁ、さっき確かめて、死んでは無いから仇討ちとは言えないね。

そうは言っても、あんな大きな瓦礫が降ってたら、それこそ命は無かったし、最低でも手足の一本は無くなっていたかも知れない。

そう考えたら、また沸々と怒りが沸き上がって来るのが分かる。

でも、それよりも何よりも、まずは大志と京華を連れてここを離れないとね。

二人とも怪我してるだろうし、ここに居続けたらあたしがウルトラマンだと思われてしまう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析