ハーメルン
やはり俺の青春にウルトラマンがいるのはまちがっている
川崎沙希は比企谷八幡に近付く 後編

side沙希

「うぉぉぉ・・・!?す、すっげぇ~・・・!!」

屋上に着いてフェンス際の出っ張りに腰を下ろした比企谷が、あたしが持ってきた弁当を見て開口一番に叫んだ言葉がそれだった。

驚きと期待、その両方がその叫びには含まれていて、あたしは無性に嬉しくて頬が緩むのが分かる。

昨日はいろいろあったし、買い物とか出来る状況じゃなかったけど・・・。
じ、自分なりに結構頑張ったし?上出来だと思うよ・・・?

で、でも、食べて貰えるまで油断は出来ないよね・・・?口に合わないなんて言われたら・・・。

って、それ言われたら泣いてしまいそうだ、どうする・・・!?

「わぁ~!凄いね川崎さん!美味しそうなお弁当だね!」

思考がネガティブな方に行きかけた、まさにその時だった。
比企谷に渡した弁当箱を覗き込んだ戸塚が感心した様に話しかけてくる。

な、なにこの・・・、なに・・・!?
本当に男子なのこの子・・・!?キラッキラしてるんだけど!?眩しすぎて浄化されるぐらいなんだけど!?

あたしより絶対可愛いよねこの子・・・、なんか、色々自信無くしちゃいそうなんだけど・・・。

はっ!違う違う!今はそんな事言ってる場合じゃ・・・!

「そ、そう・・・?普段家で作ってるようにしか出来なかったから・・・・、あんまり自信無いけど・・・。」

仕事で忙しい母さんに変わって包丁を握り始めたのは、小学校の高学年に上がる時ぐらいからだ、もう七年近く台所に立ってる。
だから、という訳ではないけど、料理の腕や味にはそれなりの自信は勿論ある。

それに、アストレイの皆さんから、色んな料理のレシピも貰ったし、お陰でレパートリーも増えて、家族の評判も上々だから、あの店で深夜バイトしてたのも、悪い事ばっかりじゃなかったね、寧ろ、良い事の方が多かったと思うまであるね。

だけど、それとこれとは話が違う。
だって、一番のネックは弁当自体じゃなくて、あたし自身の気持ちの問題だ。

渡したいし、お礼も言いたいのはあたしの本心だし、やらなきゃならない事だって分かってる。
だけど、それをどう切り出せばいいか分からないし、どう話しかけたら良いのかも分からなかった。

それに、あたしと比企谷はこれまで目立った絡みどころか、授業関連でも話す事も殆どなかった。

だから、授業とかの内容で話しかけに行く事も出来なかったし、本当に手詰まりになっていた。

でも、そんな時にあたしに助け船をくれたのが、この戸塚彩加という性別迷子の天使だった。

どういう訳かあたしに話しかけて来て、それでいて比企谷に何かしたい事を見抜かれていて・・・。

さっきの比企谷に話しかけに行ったのだって、戸塚からの提案だった。

それで良いのかと一瞬考えたけど、あの時の比企谷の反応を見れば一目瞭然だったね、間違ってはいないみたいだった。

それは兎も角、今こうしていられるのも戸塚のお陰なんだ、感謝しないとね。

「いやいや・・・、こんな旨そうな弁当、ホントに久し振りに見たぜ・・・、卵焼きもメチャクチャ綺麗に出来てるし、野菜炒めにコロッケまで・・・、ほ、本当に食べていいのか?」

そんな事を考えるあたしに、比企谷は目を輝かせて食べていいか聞いてくる。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析