ハーメルン
やはり俺の青春にウルトラマンがいるのはまちがっている
比企谷八幡は距離が掴めない

side八幡

「これで終わりのSHRを終わる、寄り道は極力しないように言っておく、今日は以上だ。」

川崎と戸塚と織斑先生とでよく分からない昼食時を過ごした翌日の帰りのSHRが、担任である平塚先生によって締めくくられ、教室からぞろぞろとリア充たちが出て行く。

ホント、授業とかよりもはしゃいで楽しめる事の方が好きなんだな。
その実、相手の顔色を窺う様な奴等もチラホラ見受けられるから、そんな事をしてて楽なのかとも聞いてみたいもんだね。

っと、話が逸れたな、今日の授業はこれで御終い、後は帰宅するだけ。
予定はナッシング、だってボッチだもの・・・。

余談だが、俺はあの口論の後、奉仕部に一度も行っていない。
どうせ行っても、うるさい女どもに絡まれるだけで、良い思いなんて出来よう筈もない。

それに、平塚先生も何も言ってこないだろう、一週間に一回ぐらいしか顔出さないし。

・・・、そうだ、どうせなら家で身体でも鍛えるか、嫌なウルトラマンも出て来たんだ、何時攻撃されてもいいように備えとかないとな。

とはいっても、どうすれば良いんだろうな?
格闘戦は兎も角、光線技なんて人間のままで撃てるはずもない。

ギンガは光線技主体のウルトラマンだから、そこまで格闘戦が強い訳じゃ無いんだけど、どう鍛えたらいいんだろうね?

まぁ、なるようになるか・・・、どうせ、やり方も先生が教えてくれるだろうしな。

そんな事を考えながらも、俺は教室を出ようと席を立った。

その際、視線を感じたので少しだけ目線で追うと、そこには表情を曇らせた由比ヶ浜がいた。
葉山グループの女子メンバーと会話しているようだが、その表情は何処か冴えない。

俺と目が合うと、表情を更に顰めて、唇を僅かに噛む様な様子も見受けられる。

引き摺ってんのかね、一昨日のあれを。
ま、自業自得だろ、自分が乗っかったのが見てくれだけ着飾った泥船だったって事だ、俺は何もしてない。

皆仲良くなんて出来っこない、だったら俺は信じられる人の傍にいる方が良いって結論付けた。

その方が楽だし、余計な束縛も無くていい。

そう思いながら、俺は由比ヶ浜から視線を外し、教室の外を目指した。

「「あっ。」」

廊下に出た瞬間だった、別の出入り口から同じタイミングで廊下に出た川崎と視線がバッチリ噛み合ってしまう。

目と目があう~♪

・・・、うっ、頭が・・・。
っと、そんな事考えてる場合じゃない。

「よ、よう、帰るの、か・・・?」

「う、うん・・・、あ、あんたも・・・?」

「ま、まぁな・・・?」

何で照れるんですかね川崎さん・・・、白い肌が赤くなって何とも色っぽい・・・ゲフンゲフン。

昨日の昼からと言う物、妙に川崎との距離感が近くなりつつある様な気がする。

川崎には何かと関わりもあるし、親近感が湧く処も勿論ある。
それ自体に悪い気はしないんだが、お互いボッチなせいもあり、どういう接し方をすればいいのか分からないってのが本音だ

え?昨日まともに話せてただろって?
甘いな、あれは先生とか戸塚とかが居てくれたからだ、二人きりになった後は殆ど何も喋れてないっての。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析