ハーメルン
やはり俺の青春にウルトラマンがいるのはまちがっている
比企谷八幡は手掛かりを得る

side八幡

「いらっしゃいませ。」

戸塚に付いて来た先、喫茶店として営業しているアストレイの店に入るや否や、俺が来る時は大体聞こえるセシリアさんの声じゃなく、別の男性の声が俺達を出迎えた。

カウンターでコーヒーのサイフォン機の調子を確かめていたんだろう、サーバーの陰から顔をひょっこりと覗かせたイケメンが姿を見せた。

男性にしてはかなり長い黒髪を腰のあたりで一纏めにし、先生とはまた違った、優しそうな顔立ちのイケメンは、俺達の姿を見るなり、少々驚いた様な表情を浮かべた。

「あれ、彩加君じゃないか、それに、沙希ちゃんも、それから、君は・・・。」

常連に近い戸塚と、この店で働いている川崎は兎も角、初対面の俺の事は分からなかったんだろう、少し訝しむ様に首を傾げていた。

そりゃそうか、先生から名前は聞いてても、プライバシーとかあるから顔は分からないんだろうな。

「織斑先生にお世話になってます、比企谷八幡です。」

だから、取り敢えず名乗っておくが吉だろう、何せ、この店にいる人達は、元ウルトラマンなんだからな。

「一夏の教え子・・・、そうか、君が・・・。」

先生の名前を出しただけで察してくれるあたり、俺がウルトラマンだって事はオリジナルメンバー間では浸透しているらしい。

となれば、やはりあのウルトラマンはこの店の人間じゃないだろうな。
カマ掛けて正解だったね。

「俺は神谷宗吾、歳は24だ、一夏から話は聞いているよ、イイ男だって。」

「そ、そんな・・・、俺なんて、なにも・・・。」

あぁ、やっぱりまだ、手放しに褒められるのはむず痒いな・・・。

「そんな事ないさ、俺達は君に色々助けられてるよ、特に、沙希ちゃんの件は、君が居なきゃまずかったよ、本当にありがとう。」

「そ、宗吾さん・・・!!」

微笑みを湛えながら話される彼の言葉に、川崎は少し顔を赤くしながら制止しようとしている。

あれだわ、やっぱりここの店の関係者はナチュラルサドが多いんだね。
と言うよりも、この人も俺達の事を弟妹に見てる部分はあるんだろうか、先生と同じ、優しい目をしてるし。

「どういう事?二人の間に何かあったの?」

あぁ、そう言えば戸塚はあの件にはノータッチだったな。

人の良い戸塚には教えても、特にマイナス方面に物事を持っていくという心配は必要ない。

しかしながら、この件は川崎のプライバシーに関わる事だし、不用意に喋るのはあまりよろしくない。

チラッと川崎の方を見ると、彼女は少し狼狽えていた後、何かを決心した様に大きく息を吐き、戸塚に説明していた。

「ちょっと前まで、予備校に通うための資金稼ぎに、遅い時間から働いてたんだ。」

「えっ、それって・・・?」

「まぁ、勿論違法バイトだったのは確かだよ、あのままだったら、多分あたしは今頃潰れてたかもね、でも・・・。」

戸塚に尋ねられ、彼女は僅かに目を伏せつつ、俺を少し見た後に頬を染めた。

何、今の・・・?可愛いじゃないか・・・!!
勘違いして告白してフラれちゃうよ!?それでも良いの!?

「比企谷がそうならない道を示してくれたんだ、初対面であれだけ悪印象だったのに、ここに乗り込んで真正面から向き合ってくれたんだ。」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析