ハーメルン
やはり俺の青春にウルトラマンがいるのはまちがっている
比企谷八幡は戦い続ける

side八幡

『あのウルトラマンは・・・!!』

川崎と戸塚と離れて変身した俺は、大和がライブした怪獣を挟んで反対側に現れたもう一人のウルトラマンの姿に苛立つ。

先に戦っていた俺を蹴り飛ばし、尚且つ自分の力を見せ付ける様に戦った、嫌なウルトラマン。

また力試しに来やがったのか?
冗談じゃない!!この街を、この街に住む家族を、俺に笑みを向けてくれる二人を護るのは俺の役目だ!

お前みたいなやつに、手出しはさせない!!

しかし、今やるべき事は目の前の怪獣を止めて大和を解放する事だ。

優先順位だけは間違えない、それが俺のすべき事だから!

『行くぜギンガ!!』

気合を入れる様にファイティングポーズを取り、俺は白い怪獣に殴り掛かる。

『シェアッ!!』

顔面にパンチを叩き込むが、奴は全く動じる気配が無い。

『なにっ・・・!?』

今のは完全に捉えたパンチだったんだぞ・・・!?

驚愕する俺の腹部に、羽虫でも払うように無造作な腕払いが突き刺さる。

『うわっ・・・!?』

その強烈な一撃に、ギンガの身体は軽々吹き飛ばされてしまい、近くにあったビルへと墜ちる。

なんつーパワーだ・・・!!
ゴメスも大概強烈なパワーを持っていたが、コイツはそれと同等以上の力だ・・・。

それに、嫌に頑丈な所も厄介だ、打撃が全く効いちゃいねぇ・・・!!

『退きな!!コイツはあたしが倒す!!』

俺が吹き飛ばされた事を嘲笑う様に、あの憎らしいウルトラマンは怪獣に蹴り技で攻撃を仕掛ける。

ローキックからハイキック、そして、頭を掴んでの膝蹴りと、途轍もなくスピーディーで圧倒的な連撃だ。

だが・・・。

『なにっ・・・!?』

やはり効いていないのか、怪獣は思いっきり仰け反り、その反動でアイツをブッ飛ばす。

『うわぁぁっ!?』

『ちょっ!?なんでこっちに飛ばされてんだっ!?』

ダメージが祟ってまだ尻餅ついたままの所に、ソイツは降ってくる。

『『ぐわぁぁぁっ!?』』

俺の腹の上にウルトラマンが圧し掛かり、俺が押し潰される形にてしまう。

くそっ・・・!どうせ圧し掛かられるんなら、せめて戸塚か小町、もしくは川崎が良かったぜ・・・!

コイツなんかに圧し掛かられても、嬉しくもなんともねぇ・・・!!

むしろ、怒りしか沸いてこないまである!

『邪魔だっ・・・!!退けっ・・・!!』

ソイツを投げ飛ばす様に退かしながらも漸く立ち上がり、ギンガセイバーを発生させて切り付ける。

だが、強固な体表に阻まれてしまい、切り落とせない状況になってしまう。

最悪だ、これじゃあ手詰まりで動けやしねぇ・・・!!

『何してる・・・!!ソイツはあたしの獲物だっ・・・!!』

そんな時だった。
腹部を抑えながらも立ち上がった、もう一人のウルトラマンはファイティングポーズを取り、頭のV字の意匠を輝かせる。

これは・・・、まさか・・・!?
その動作から直感的に危険を察し、俺は怪獣を蹴って離脱する。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析