ハーメルン
やはり俺の青春にウルトラマンがいるのはまちがっている
比企谷八幡はその女と出会う

side八幡

「これで今日の数学Ⅱの授業を終わる、課題は出さないが、しっかりと復習しておくように。」

俺が彼、織斑一夏と出会った次の日、数学の授業で彼は教鞭を取っていた。

黒のスーツで決めている織斑先生は正にイケメンそのもので、女子生徒の中には彼の容姿に見惚れて授業を聞いてるのかすら怪しい奴まで見受けられた。

まぁ、顔だけ見てればマジでカッコいいとは思うけど、その裏で暗躍していると考えると薄ら恐ろしいものが有る。

けど、俺に味方してくれると公言してくれているから、信用できるけどな。

一応、数学の内申点はくれるとは言われていても、何か有った時に頼れる奴が周りにいないので、ノートだけは真面目に取っておく。
全くもって理解出来ない、訳ではないか・・・。

前の里中とかいう先生よりも教え方は上手いと思うし、何より簡略化して分かり易く伝えて来ている。
特に公式は分解して再構築しろって考えは面白いし、何より俺の性に合う。

頭の良い人にしか出来ない教え方だなぁと感心させられるもんだよ。

イケメンで強くて頭が良いなんて、キライじゃないわ!!
・・・、なに言ってんだ俺は・・・。

とはいえ、あまり学内で、人目に付くトコで声かけてくるような真似はしないだろうと予想する。
彼が俺を、というより、俺の性質を見てくれているなら、それも有り得るだろう。

ってなわけで、授業も終わったし、俺はスネークさせてもらうぜ!
・・・、購買行ってパンとマッ缶買うだけですけどねー・・・。

誰にも気取られずに教室を出て、廊下を小走りで進んで行く。

けど、授業終わりウチのクラスより早かったからか、廊下には数名のリア充がいて、訳も無くはしゃいでいる様だった。

勝手に騒ぐのは良いが、通行の邪魔になっているのにも気づかないのはどうかと思う。
そこのカップル、少しふくよかな女子生徒二人が凄い目で睨みながら避けて通ってる!

まぁでも、分かるぜその気持ち、俺も似た様な状況なら同じ気持ちになる。

要するに、リア充爆発しろ!

イイね、この決め台詞!!今度から流行らせよう!!
乗ってくれる友達なんていませんけどねー・・・。

そんなくだらない事を考えていると、人気の無くなった場所に来ていた。
さて、購買まであと少し、さっさと行ってさっさと離脱だ。

足を速めようとしたまさにその時だった、廊下の角から、その男は姿を現した。

「やぁ八幡君、昨日はお疲れさん。」

「うわっ・・・!?」

び、ビビった・・・!全く気配を感じなかった・・・!
それどころか、物音一つ立てずに現れるってどういう事だよ、ゴーストか。

「ど、どもっす・・・、ってか、待ち伏せするにしても早すぎません・・・?」

なんとか上擦った声のままで挨拶するが、彼は笑顔で頷くだけだった。

ここはちょうど、購買まで行く道の間辺りで、そこそこ人通りの少ない場所だけど、教室から来るには他に通路も無い筈なんだけどなぁ・・・。

それに、教室出る時、この人まだ教壇にいた様な気が・・・。

「気にするな、俺は神出鬼没、何処からでも現れて何処へでも消えれる、まぁ、冗談はさておき、これやるよ。」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析