ハーメルン
やはり俺の青春にウルトラマンがいるのはまちがっている
比企谷八幡はその力を見る

side八幡

翌日の昼休み、俺達奉仕部と織斑先生、そして、依頼主である天使・・・、間違えた、戸塚はジャージに着替えてテニスコートに集まっていた。

なんで織斑先生まで一緒なのかというと、平塚先生が果たさない監督責任を代理で行う事を建前にここに居るらしい。

なるほど、それなら誰も文句は言えない、言ってきたとしてもイチャモンだからな。

「それじゃあ、よろしくね八幡!」

「おう!まずは筋トレからだな!大丈夫だ、メニューは昨日の内に考えて来たからな!」

「ヒッキ―気合入りすぎだしっ!?メニュー考えて来たってやる気出し過ぎでキモい!!」

黙れ由比ヶ浜、これが普通だ、戸塚の為にメニュー作る位普通だバカヤロー。

というより、なんで由比ヶ浜と雪ノ下がここに居るんだよ。
お前等いらねぇって言われてただろうが・・・。

まぁ、何があるか分かったもんじゃないからいて貰った方が楽だけどな。

で、バーで貰っていた先生のメアドで連絡を取り合い、一日に熟すべきメニューを聞いて考案してきた。

準備運動10分、50Mダッシュ×5セット、筋トレは雨の日メニューに入れる事で落ち着いた。

脚力はランニングと走り込みで、腕力は普段の練習と軽いダンベル運動で賄う事で、短時間ながらもある程度効率よくトレーニングが出来る様に考案されている。

先生曰く、放課後のように限られた時間でやるにはトコトン効率を突き詰めないと身にならないという事で、ウォームアップは最低限に留めているとの事らしい。

でもって、俺も一緒に付き合ってみたが、そんなにキツくはないし、柔軟体操とかに比重を置いてるから身体が硬くて動かないなんて事も無い。

予備校終った後に聞いといて正解だ、そうでなかったら足を引っ張ってた所だよ。

「それじゃ、八幡君、戸塚君とラリーやってくれるか?なるべくコート全部使ってな。」

「はい!」

「分かりました。」

先生の指示に従い、俺と戸塚はコートの反対側にそれぞれ入る。
最初のサーブは戸塚からで、俺が打ち返すという形である。

「行くよー!」

戸塚のラケットがボールを打ち、軽い弧を描いて俺の方のコートに落ちる。

「おう!」

ボールに追いつき、なるべく後ろの方を狙って打ち返す。

テニスなんて中学の頃の授業で触ったきりだったから出来るかどうか不安だったが、戸塚が上手く打ち返してくれるのと、俺の中にいるギンガのおかげか、そこまで苦しくは感じなかった。

寧ろ余裕を感じるまである。

どうやら、ウルトラマンと融合した事で身体能力が上がったんだろうな。

なにそれ、聞いてない。

「やっぱ上手いなぁ、流石現役!」

「えへへっ!それ程でもないよっ!」

ぐぉぉぉ!笑い方が女子以上に可愛い男なんてほんとにいんのかよ!?
キラキラしてて玉が霞む・・・!!

「流石、体育の成績は4なだけはある、まぁ、それだけじゃないけどな。」

ボールを一度逸らした時、俺の耳に織斑先生のつぶやきが入る。

あの人、本当に俺の事調べてるんだな、体育の成績なんて誰も見ねぇよ・・・!


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析