ハーメルン
やはり俺の青春にウルトラマンがいるのはまちがっている
比企谷八幡はギンガを知る

noside

「な、なにこれぇ~!?」

「地震・・・!?こんないきなり・・・!?」

突如として起こった地震に、結衣と雪乃は慌てふためく。
まさか、地震が起こるなど想像もしなかったのだろう、その表情にはある種の絶望感が見て取れた。

だが、それは普通の地震では無かった。

「いや、違う・・・!」

「これは、まさか・・・!?」

それに気付いたのは、一夏と八幡だった。
二人は開けた場所を睨みながらも表情を強張らせた。

恐らくは気付いたのだろう、そこから出て来ようとしている何かに・・・。

そんな彼等の目の前に、地面を突き破って巨大な影が姿を現した。

嘗て地球を支配していた恐竜の様な姿の様な姿を持った黒い巨獣、ゴメスの姿がそこにはあった。

「あ、あれは・・・!?か、怪獣・・・!?」

まさか、またしても怪獣が現れるとは思っても見なかったのだろう、彩加は驚愕と絶望で倒れそうになっていた。

「三人とも落ち着け!すぐに避難しろ!奴はこっちに向かってくるかもしれん、死にたくなければ逃げろ!!」

一夏は愕然と立ち竦む三人を庇う様に前に立ち、退避を促した。

「怪我でもされちゃ敵わん、早く逃げたまえ。」

三人を急かしながらも、彼は八幡に近付いて耳打ちする。

「(アイツはゴメスという恐竜型怪獣だ、レッドキング以上のパワーと重量を持っている、接近戦では弾かれるかもしれん、気を付けろ。)」

「(はい、先生!)」

自分の身体で八幡を見えなくしつつ、一夏は彩加達を庇う様に背を押してコートから出した。

彼等の姿が見えなくなるのを認めた八幡は、四人が行った方向とは別方向に有る物陰に走り、そこで懐からギンガスパークを取り出す。

「また、力を貸してくれ・・・!俺は戦わなくちゃいけないんだ!」

彼はギンガスパークに向けて祈る、自分が戦う理由は無くても、見過ごせない無意識の脅威があるのだから。

「きてくれっ・・・!ギンガッ・・・!!」

その祷りが通じたか、ギンガスパークが開き、切っ先からギンガのスパークドールズが表れた。

八幡はそれを手に取り、右脚のライブサインをギンガスパークに読み込ませる。

『ウルトライブ!!ウルトラマンギンガ!!』

「ギンガーーー!!」

ギンガスパークを掲げると、彼の身体は光に包まれ巨大化、ウルトラマンギンガとしての姿となり、地に降り立った。

『ショオウラッ!!』

「あっ・・・!あれは・・・!?」

「あの時の、光の巨人・・・!?」

校舎の外へ逃げようとする彩加たちは、半月前に現れた銀色の巨人が再び現れた事に驚愕し、逃げる足を止めてしまっていた。

突如として市街地に現れた巨獣を圧倒的な力で打ち倒し、忽然と姿を消した巨人が再び姿を現したのだ、驚かない訳がない。

「ウルトラマンギンガ・・・!」

「先生?ご存じなんですか・・・?」

救世主が表れたと言う様に、しみじみと感慨深げにその名を呟く一夏に、雪乃は訝しむ様に尋ねた。

たかだか三度目の出現であり正式な名称も決まってはいないはずだ、それなのに何故名前を呟いたのか理解出来なかったのだろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析