ハーメルン
やはり俺の青春にウルトラマンがいるのはまちがっている
比企谷八幡はその少年と出会う

noside

四月も終わりごろに近付いた土曜日、八幡は自室のベッドの上で自身が手に入れた力について考えていた。

少々疲労の色が窺える辺り、学校生活とウルトラマンの掛け持ちはそれなりに堪えるらしい。

「昨日の怪獣・・・、パワーも強くて熱線もアリ・・・、あんな奴がまだまだいると考えると、身がもたねぇな・・・。」

先日のゴメスとの戦いで、彼は後一歩で死ぬところまで追い詰められかけた。

普段からリスクとリターンを考えて行動していた彼等しからぬ事であったため、せめてもの反省会としゃれ込んでいるのだろう。

「ギンガの力も、俺が引き出し切れてないだけでまだまだ限りない筈なんだけどなぁ・・・、それに、先生の話聞く限りじゃ、あの三体は比較的相手にしやすいタイプの怪獣か・・・、動きが早いヤツ出てきたら困るよなぁ・・・。」

ギンガスパークを眺めつつ、八幡はタメ息を吐いてベッドから降り、勉強机の前に腰を下ろした。

「ま、考えても仕方ねぇか・・・、予習でもして・・・。」

ギンガスパークを懐に戻し、彼はカバンから筆記用具と参考書を取り出した。

今は考えた所で出来る事は何一つない。
それに加えて、今の自分はウルトラマンである前に学生だ、本分である勉学を疎かにする事は出来ない。

正にその時だった、彼の部屋の扉がノックされる。

『お兄ちゃ~ん、今良い~?』

ノックの後、甘えるような声が扉の向こうから聞こえてくる。
普通ならば、いきなり扉の向こうからそんな声が聞こえれば怪しむところなのだろうが、彼にはその声の主が分かっていた。

「空いてるぞ、小町。」

「えへへ~、お邪魔します!」

彼が入室の許可を出すと、扉を開けて彼の妹、比企谷小町が入ってくる。

八幡の持つ特徴的なアホ毛を持った黒髪と、天真爛漫と言うべき明るさを兼ね備えた少女で、彼とは二歳年下である。

「何の用だ?今から予習でもして、後は寝ときたいんだが・・・。」

「予習は良いけどその後・・・、これだからごみぃちゃんは・・・。」

唯一と言っていい心を開ける相手である小町が来てくれた事に、八幡は僅かに表情を綻ばせるが、どうせ面倒事が待っていると分かっている為に、めんどくさそうな表情を浮かべる。

それを察した小町も、呆れた様に苦笑していた。

だが、八幡の行動原理は、なるべく人と関わりたくないという事に帰依しているという事と、その原因を知る小町は、ただ呆れるだけでそれ以上何も言わなかった。

「お兄ちゃんって、今ほーし部って言う何でもお悩み解決する部に入ってるんだよね?」

「奉仕部な、強制入部で発言権なんか無いけどな。」

「なにそれ・・・、織斑先生がそうしたの?」

小町の質問に、八幡は無意識の内に忌々しげな表情を浮かべて答えていた。

その事に自分でも驚いているのだろうか、言い終わった後に、自分は何を言っているんだと言う様に口を噤んだ。

だが、それに気付いた小町は、自分が知る限りで兄に干渉しようとする人物を思い返し、彼がやったのかと尋ねた。

「いや、平塚っていう別の教師だ、なんでか知らんが面倒事ばかり押し付けてきやがる、織斑先生は俺を助けようとしてくれてるみたいだが・・・。」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析