ハーメルン
沈黙は金では無い。 
15.大好きだから、切ない。

 
 呆れる様な、何処か嘲りを含んだイルミの声。 
 その言葉を待っていたかの様にぱちり、と音を立ててヒソカの瞼が開いた。 形の良い唇が三日月を描いている。

「…はぁ~、最高に楽しい時間だった♡」

 鉄錆の匂いが充満した地下道、損壊した死体の山、片腕の無い奇術師、側に佇む針男。

 大の字で横たわったまま、奇術師の口から愉悦が漏れ出る。先の戦闘の代償として、欠損した右腕――それが接続されていた部分から今もじわじわと血を流し、それでいて今も尚、恍惚の表情を浮かべている彼の姿は控えめに見てホラー映画のワンシーンでしか無かった。

「人様の能力を都合の良い舞台装置扱いしておいてそのザマは無いんじゃない? …というか、思いっきり右手吹き飛んでるのに良くそんな台詞が出て来るなヒソカ」

「逆だよイルミ、じゃ無くて今はギタラクルか。 …久々に会えたんだ、ボクをここまで追い詰められる生きの良い玩具に」

 ――そんなの、楽しくてしょうがないに決まっているじゃないか。 

 そう言いつつ上体を起こす。それと同時に、彼方へ吹き飛ばされていた右腕が吸い寄せられるようにしてヒソカの元へ戻って来た。

「まあ、黙ってやられるのも癪だったから一撃は入れてやったけれど、差し引きで言えば今回はボクの負けだね。 ..…そうだ、これ返すよ」

 ヒソカはごそごそと懐を漁り、一本の長針を取り出した。
 
「借りたボクが言うのもなんだけどさぁ、『コレ』、ちょっとばかし怒らせる位しか役に立たなかったよ♤」

「本当に失礼なヤツだな君は。 …まあ、アイツは家の中でも数える位しか居ない終身名誉ブラックリスト入りしてるヤツだから、しょうがないと言えばその通りだけど」

 無造作に投げ渡された針を受け取りつつ、イルミの視線は千切れた右腕に向かう。 

「…くっつけて♡」

「別に良いけどお金は貰うよ? さっきの針の使用料と合わせて上乗せで。 …邪魔だから繋げる所のオーラ切って」

「はいはい♤」

 止血の役割を果たしていたバンジーガムのオーラが消え、断面から血がごぽりと吹き出る。 
 一瞬置いて、肩口と腕の中程に怪しい光を放つ針がそれぞれ一本ずつ突き立った。
 始めに針が突き刺さった肩口がボコボコと異様な音を立てて盛り上がる。 次いで身体から切り離されている筈の腕が柘榴の如く赤黒く染まり、弾けんばかりに膨れ上がる。

 どくり、どくり。 
 肩と腕、継ぎ目の血管が激しく脈動し始める。 
 どくり、どくり。 
 バラバラだった脈が徐々に同調していき。 

 ……どくり、どくり、どくん。
 
 数十秒、或いは数分か。 
 異常は唐突に収束し、残ったのは若干の赤黒さのみ。

「…はい完了。 とりあえず、試験が終るぐらいまではそれで大丈夫だと思う。 あんまり激しく動かすと捥げるから気を付けてね」

「え~♦ 捥げちゃうのかい? それは困ったなぁ…」

 調子を確める様に、ぶんぶんと腕を振っていたヒソカが残念そうに呟いた。

「…呆れた奴だ、まだやる気だったのか。 …言っておくけれど、次やる時は手伝わないから。 また仕事の邪魔されたら面倒だし」

「えー、冷たいなぁ♤」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析