ハーメルン
沈黙は金では無い。 
18.剣はスコップじゃありません。

 
どうしてこうなった。

 ハンター試験が始まってから、一体何度この言葉を胸の内で呟いただろう。 どうしてこんな事を。 なら、師匠が無茶をやらかす度に呟いているけれど。

 下へ降りる絡繰りが複数個重なっている場所をゴン君とキルア君が見つけて来て。 僕達六人は地上での再会を誓った後、一斉に仕掛けの上に乗って階下へ降りた。 …そこまでは何の問題も無かったのだが。

「……」 「……」

 気まずい。 
 僅か四文字、句読点を入れても五文字で表せる今の僕の心境である。
 等間隔で配置された薄暗いランプの灯りを頼りに、無機質な石造りの廊下を進んでいるのは僕ともう一人。 …そう、件の針男さんだった。
 お互いに饒舌な人間では無いとはいえ、鉢合わせてから此処まで一言も喋っていないのはどうなんだろう。 まあ、いきなりフレンドリーに接されてもそれはそれで戸惑うけれどさ。

 …うん、やっぱりだ、この針男さんもキルア君と同じか、もしかしたらそれ以上に足音が聞こえない。 
 というか、この沈黙空間&至近距離で息遣いも衣擦れの音も殆どしないんですけれど。 でもカタカタは凄い良く聞こえます。 針男さんのエキセントリックな風貌とこの場の不気味な空気も相まって、軽くホラー染みてて超怖い。 

 以前に戦ったゾルディック家の方や、キルア君も同じ位足音が聞こえなかった事を思いだして、連鎖的に一次試験でキルア君がゴン君に言っていた言葉、兄が二人居るという台詞を思いだす。

 師匠によると、以前に戦った方は長男らしいから、消去法で考えるならこの人は次男だろうか? 
 この人が本当にお兄さんなら、キルア君が家から逃げるのも無理はないよなぁ…。 そんな事を考えつつ只管に歩いていると、唐突に針男さんが立ち止まってしまった。 
 いきなり歩みを止めた針男さんを不思議に思い振り向いた僕。 その視界に驚愕の光景が飛び込んで参りました。
 ぽん! とかみょいん! みたいな形容しがたい音を立てながら、針男さんの顔が凄い勢いでぐにゃぐにゃしている。 有りの侭を説明するとそんな感じである。 
 唐突に起こる急展開に、僕は状況を理解できず硬直してしまった。 
 …ま、まさか、これが試験? もしくは能力者の攻撃を何処かから受けているのか!?
 この状況では後者の方が可能性が高いか? 一瞬の思考の後、僕は臨戦態勢に入ろうとして再度硬直する事になる。

「…クリード・ディスケンス」

 発された声に聞き覚えがあったからだ。 少しづつ変化して行く針男さんの気配が、過去に出会った膨大な人間の中から該当者を弾き出す。
 感情の読み取れない顔付き、抑揚のない声。 鼻を衝くどす黒い殺気と血の匂い。 
 間違い無く、以前僕と師匠が対峙した件の暗殺者―ゾルディックさんだった。

 顔だけで無く、声色や骨格、纏うオーラまで針で変えられるとは。
 
 思わずそう口走った僕を、ギタさん…もといイルミさんは何故か吃驚した表情で見ていた。 

 …どうやら、イルミさんは料理店の時点で僕が正体に気付いていると思っていたらしい。 気付いていて、万が一の場合のカウンターとしてキルア君を利用しようとしているのでは無いかと疑っていたそうです。
 疑いが晴れて一安心かと思いきや、警戒して損したとか、気付いて無かったなら殺しておけば良かったとか、寧ろ今殺しておいた方が後々が楽かも...とか、物騒な事をぼやいておられる。 …僕は何も聞いていない事にする事に決めました。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析