ハーメルン
沈黙は金では無い。 
2.話をする時は人の顔を見て話そう


 とある地方都市、何所にでも或る様なカフェテラス。

 男が一人、本を読んでいた。目深にニット帽を被り、時折コーヒーのカップを口に運んでいる。
 美形、眉目秀麗と言う言葉を体現しつつも、男の纏う独特の空気が周りの干渉を拒んでいる様だった。

 男の他にはまばらに男女が数名程。それぞれ取り留めも無い世間話をしている様だ。平穏な平日の昼下がりの光景。 
 そして今、年季の入った木製のドアを開けて客がまた一名入店してきた。背の半ばまで伸びた銀髪を簡素に括り、Tシャツにジーパン、腰に刀を差しただけのラフな格好をした若い男だ。 手には無造作にビニール袋をぶら下げていた。

 銀髪の男もまた、絶世の と枕詞に付ければしっくり来るような美形だった。愛想よく応対に出てきた店員を手で制し、窓際で本を読んでいる男の連れである事を伝える。

「すまない、待たせたかな」

「いや、それ程でもない。 …席は空いている、座ったらどうだ?」

 ではお言葉に甘えて。 

 そう言うと銀髪の男はからからと椅子を引いてニット帽の男の真正面に座った。(美形を堪能)注文を取りに来た店員にコーヒーを頼み、改めて二人の男が相対する。

「では改めまして、かな? 先日はきちんと話をする時間が無かったからね。星の使徒で一応、団長をさせてもらっているクリード・ディスケンスだ。 以後宜しく」

「クロロ・ルシルフル。幻影旅団の頭をしている。アンタと宜しくするかどうかは俺が決める事だ」

 瞬間、ニット帽の男の纏う気配が明らかに変化した。
びりびりと空気が震え、重苦しいプレッシャーが狭いとも広いとも言えないカフェ全体を瞬時に包む。
 言い知れない恐怖、そして悪寒を感じたのか、まばらに居た客達が先を争うように会計を済ませて店を飛び出て行く。 

 程無くしてカフェにはアンティークな机を挟んで相対する二人、カウンターの隅でがたがたと震える店員、そして軽薄そうな金髪の男、ビジネススーツに身を包んだ長身の女を残して誰も居なくなった。
 【念】を知らない一般人でも無意識に震えが走る様な凄まじい威圧を真正面から受けた銀髪の男は、しかし何事も無かった様に前髪を手で払うと真っ黒いコーヒーの水面を暫く眺め、一口こくりと飲んだ。

「おや、いきなり手厳しいな。 …僕個人としては君とはビジネスライクな関係を築いて行けると思っているんだけど、ね」

「ふん、心にも無い事をべらべらと良く喋る奴だ。 さっさと本題に移れ」

 ニット帽の男――クロロから放たれる威圧感がさらに増大する。二人の周囲だけ空間が歪んでいる様な錯覚さえ覚える程に。
 ただし、当人達の意識はそれぞれ別の所―――ニット帽の男は銀髪の男が無造作に床に置いたビニール袋から見え隠れする古書へ、対する銀髪の男――クリードは入り口から直ぐの席でパソコンを操っている長身の美女に向かっていた事はお互いに知る由も無かった。

「性急な事で。 …では改めまして、星の使徒の団長として先日の礼を言わせて貰う。 恐らく君達は意図していなかったのだろうけれども、結果として僕達の代わりに仕事を済ませてくれたからね。 一応今日はこれをそのお礼に、と思って持ってきたんだが」

 視線を前方へ戻したクリードが、がさごそと音を立ててビニール袋を漁る。そこから差し出されたのは一冊の古書だった。 

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析