ハーメルン
沈黙は金では無い。 
4.人の心何て、分からない方が良い


「ねえクロロ、本当に一人で来ると思う?」

 或る日の昼下がり。
 とある地方都市のカフェテラス。カウンターに座っていた金髪の男、シャルナークが呟いた。 

「…分からん、だが用心するに越した事は無い」 

 本の頁を捲る手を止め、目深にニット帽を被った男、クロロ・ルシルフルが答える。 

「もう一度確認だ。 少しでも奴が怪しい素振りを見せたらノブナガとマチに連絡、そして」

「可能なら捕えてパクに記憶を読ませる。 有能そうなら団員に勧誘、断れば殺してOK、と」

 小さく頷くと、冷め掛けたコーヒーを一口啜り、溜息を吐いた。

「そうだ。 シャル、警戒は怠るな」

「…了解」

 壁掛け時計が十四時を指した時、男が一人入店して来た。透き通る様な銀の髪をした男だった。腰の左側に刀を差し、左手にビニール袋をぶら下げている。 
 男は窓際に座っていたクロロを見つけると、応対に出てきた店員にクロロの友人である旨を伝え、此方へ歩いて来た。

 ―――こいつ、かなり強い。

 男に気取られない様に細心の注意を払いつつも、さり気なく視線を送ったシャルナークは驚愕した。
 無造作に歩いている様でいてまるで隙が無い。

…駄目だ、仕掛けられない。

 横目でちらりと見れば、カウンターの端、入り口側に陣取っているパクノダも同じ感想を抱いた様だった。 
 クロロを見る。 …警戒はしているが、どうやらいきなり仕掛ける心算は無い様だ。 ならば自分も様子見に徹するべきだろう。
 そう考えて、外で待機している二人にそのままの状態を保つ様にメールを送る。

 簡素に文を作り、送信ボタンを押したのとそれは同時だった。 

「...アンタと宜しくするかどうかは俺が決める事だ」

 言葉と共にクロロから迸る殺気。カフェの中の空気が一変する。

 念を感じ取れずとも、途轍もない悪寒と言い知れない恐怖に襲われた一般客達が先を争う様に会計を済ませ、飛び出て行く。
 瞬く間に店内はカウンターの隅で怯える店員を除いて誰も居なくなった。

 仕掛けるなら今しか無い! シャルナークは自らの武器である袖の裏側に忍ばせたアンテナを握りしめ、投擲しようとして―――気付いた。
 件の男、クリードはこの状況で何故かクロロでは無くパクノダを見ている。

 正気とは思えなかった。至近距離であの殺気を浴びて視線を外すなんて自殺行為も良い所だ。 …待て、今が絶好の機会の筈だ、何故クロロは仕掛けない? まさかクリードに念を掛けられた!?
 慌ててそちらを見る。 …思わずカウンターからずり落ちる所だった。 
 
 クロロ・ルシルフルは、我らが団長様は床に置かれたビニール袋、正確にはその中の本に釘づけだったのだ。
 
 何と云う駄目な上司だ、こっちが必死こいて神経尖らせているのが馬鹿みたいである。
 ...と云うかクロロ、殺気を漲らせながら何してんだよ。
 
 シャルナークは急激にやる気ゲージが減少していくのを隠しもせず、溜息と共に吐きだした。 

(…あ~あ、何かもうどうでも良いや、入札しておいたネットオークションの結果でも見るか)

 クリードの視線が何時の間にかパクノダから自分に向けられている事に気が付いたのはその直後だった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析