ハーメルン
沈黙は金では無い。 
9.考え事をする時は、前方を確認してからにした方が良い。


【Ⅲ】


「……では今日から教育実習生という形で、栗井さんには一年の特進クラスで担任のサポートを宜しくお願いします」

「了解しました。一ヶ月と云う短い間ですが、お世話になります」

 実習生という教わる立場の癖に、初日から朝の職員会議に遅れて突入するという、ゆとり丸出しな行動を取ってしまった僕こと栗井さん。

 それをさして咎める事もせず、懇切丁寧に注意点や留意すべき事柄を説明して下さった心の広い校長先生に深々と頭を下げて部屋を後にする。
 何故か校長先生の側に立っていた師匠と共に教室へ。
 ……あれれー? おかしいよね、二人共今日から勤務の筈なのに何この立場の差。

 それぞれの受け持ちである教室へ向かいながら、前を歩くセフィリア師匠……じゃない、先生を見る。
 伊達眼鏡を掛けて髪を後ろで括り、パリッと黒スーツを着こなした姿は贔屓目を抜きにしても見惚れる程に格好良いと思う。
 中身がそれを打ち消して御釣りがどばどば溢れ出る位に残念な事を知らなければだが。 ……つくづく勿体ない人だ。

「クリード君。……いえ、今は栗井さんでしたか、何か失礼な事を考えていませんか?」

「は、はい? まさかそんな事を考えているわけぎゃ、訳が無いでしょう? ……そんな事より彼女ですよ、彼女」

 振返った師匠にジト目で睨まれ、背中を冷たい物が伝う。 幸いにも一限の時間が迫っている為か、それ以上の追及は無かった。

「キリサキさんですね? やはり《こちら側》の可能性が高いですか?」

「ええ、自覚は無いようですがそう考えて間違いないかと。それともう一つ、今朝のトラック事故の件ですが、運転手は念を使われていた可能性が高いと思われます」

「念。……意図的に狙われていた、と?」

「恐らくは、ですが。一瞬だったので少ししか見えませんでしたが、首筋に棒か針の様な物が刺さっていましたから」

「針……ですか」「おや師匠、何か心当たりが?」

「ええ、まあ。有ると云えば有りますが、無いと云えば無いですね」

 こんな風に歯切れの悪い師匠は珍しい。
 そう思ってじいっと見ていると、師匠はこほんと咳払いしてそっぽを向いてしまった。

「『彼』に依頼してまで彼女を狙う理由が思いつかないのが一つ。そして、わざわざ遠路遥々彼女如きに出張って来る三下でも無いというのがもう一つ」

 師匠の言う『彼』と云うのが誰かは分からないが、言葉から推測するに殺し屋か始末屋の類だろうか。 そこまで考えた所で予鈴が鳴り響いた。

 それでは私はこちらですので。
 カツカツと小気味良くヒールを鳴らし遠ざかって行く師匠を見送り、自分も気持ちを入れ替える。 深呼吸を一つ吐いて笑顔を張り付けた。
 

 ……あれ? 結局師匠は何で此処に居るんだっけ? 暇つぶし? あの人の事だからあながち外れてもいない気がする。


【Ⅳ】


 両親が、死んだ。


 イケメンに浮かれる女子と、同時に赴任して来たブロンド美女の話題で盛り上がる男子共でクラス中が持ちきりの昼休み。

 私は何時もの様に何時も以上の喧騒を避ける為に屋上に行き、しかし食事をする気にはなれなかった。 ……どうせ何時もと同じ購買のパンだけど。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析