ハーメルン
このすば*Elona
挿話集 勇者、悪魔、女神、そして……

【挿話1 勇者伊吹】

 転生者にしてリカシィの勇者、伊吹は確信をもって断言する。
 この世界において、本当に正しいのは魔王軍であると。

 異世界という地で文字通り第二の人生を歩む事になった彼は、最初の頃は転生について、降って湧いた人生の余暇のようなものと考えており、自身の生死にあまり頓着していなかった。
 ステータスやスキルが存在する剣と魔法の世界という、彼からしてみればまるでゲームのような世界だったことが現実感を希薄にさせ、魔物や魔王軍という人類の敵すらどこか他人事のように思えてしまっていたのだ。

 地球では旅をすることが好きだった彼は、多くの転生者とは違い、戦闘系や生産系ではなく、万里靴という、どれだけ歩いても疲れなくなる能力を持った神器を特典として選んだ。

 テレポートを使うのではなく、自らの足で異世界の様々な国を旅し、多くの人に触れ合っていく。
 無論、楽しいことばかりではなく、常識や文化の違いに辟易させられることは何度もあったが、それでも気付けばあれほど希薄だった世界は眩しいほどに鮮明になっていた。
 ベルゼルグという最前線ではなく、大国リカシィを第二の祖国として定めて腰を据えた彼は、旅で培ってきた経験と与えられた特典を有効に使い、名声と栄光を積み上げることになる。
 そうして前回の闘技大会で優勝を果たし、リカシィの勇者として華やかな栄達を手に入れた。

 勇者として認められてからも精力的に働いていた彼の運命が動いたのは二年前。
 彼が帝城の図書室で発見したのは一冊の古ぼけた手帳。

 その名は転生者カウンター。

 冗談のような名前だが、これでもれっきとした神器であり、転生者に与えられた特典の一つである。

 彼はこの真新しい手帳を相当に古い代物だと即座に看破した。
 何故ならば、本来の持ち主、あるいは別の転生者が残したと思われる、この世界においては完全なる未知の言語であるアラビア語による解説書が同封されており、解説書には故郷(地球)の同胞に捧ぐ、と筆者の名前付きで書かれていたからだ。
 筆者の名前はアラビア言語圏特有のもの。そして日本人以外の転生者は数百年ほど観測されていない。
 アラビア言語圏に旅をすることもあった伊吹は、最低限とはいえアラビア語の読み書きが出来る人間であり、宝物庫の片隅で放置されていたこの道具の効果とその使い道を知ることができた。

 はるか遠い昔、転生者同士の凄惨な戦争が起きてしまった時、どんなに強力な神器や異能よりも転生者達から恐れられた神器の使い道を。

 神器が持つ機能は三つ。

 一、転生者の数をカウントする。
 転生者の累計数と現在生存中の転生者の数が分かる。

 二、転生者に手帳を向けると、その転生者の名前とステータス、スキル構成、選んだ転生特典が分かる。
 射程は視界範囲内。だが視界範囲外でも半径10キロ圏内にいる転生者の探知が可能。
 転生者以外には効果を発揮しない。転生者の子供や子孫であっても探知は不可能。

 三、探知した転生者が持つ転生特典の効果、性能、そして転生者カウンターの所持者にとって現実的な範囲内での対処法が分かる。

 無敵の特典など存在しない。あらゆる特典には攻略方法がある。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析