ハーメルン
このすば*Elona
挿話集 勇者、悪魔、女神、そして……

「女神ぱんち!!」


 ――説明しよう! 女神ぱんちとは癒しの力を拳の一点に集中して放つ幻の必殺技である! 相手は全回復した後に死ぬ。


 いたいけで純粋で繊細な乙女心を傷つけた防衛者は痛みを感じる間もなく(ミンチ)になった。
 彼らの業界ではご褒美だし、どうせ3分で復活するので何も問題は無い。

「はあ……会いたいなあ……寂しい……早く帰ってきなさいよ……ああ言われたけど、やっぱり探しに行っちゃおうかな……」

 静かになった神域で、膝を抱えた癒しの女神は弱弱しく呟く。その姿はさながら子離れできない母親、あるいは弟離れできない姉のようで。
 今にも消えてしまいそうなほどに儚くか細い、しかし確かに感じられる彼との繋がりを、大事に大事に胸の内で抱きしめながら。

[9]前 [1]次話 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:8/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析