ハーメルン
このすば*Elona
第13話 十三階段への直行便

 《ベルディア》

――魔王軍の幹部随一の武闘派のデュラハン。
――人間の騎士であったらしいが詳細は不明。
――過去に幾度と無く討伐依頼が出されたがその全てを退けている。
――現在は戦場においてのみ姿が確認されている模様。
――弱者や非戦闘員に手を出さないことで有名。高レベルの者にのみ戦いを挑んでいる。
――くろがねくだき、魔王の加護がかかっているという全身鎧を装備しており、デュラハンの固有技能である死の宣告を含めて幹部の中でも高い近接戦闘力を誇る。
――懸賞金三億エリス。

 以上が廃城から帰ってギルドの手配書であなたが得たベルディアの簡単な情報である。
 あなたの知るベルディアの情報と照らし合わせた結果、装備から経歴に至るまでほぼ全てが周知されている。
 長年に渡ってベルディアが魔王軍の幹部として一線で戦い続けているというのもあるが、どうやらベルディアがお喋りなのは有名らしい。

 そう考えるとやはりベルディアはこの世界の人間にとっては相当な脅威だったのだろう。
 長く前線に立ち、これだけの懸賞金をかけられて尚今まで生き残ってきたのだから。

 だがここまで分かっているにもかかわらず、何故誰もベルディアを今まで倒せていなかったのか若干不思議ではあるものの、しかしそれはある意味当然なのかもしれない。
 あなたが偶然迷い込んだこの世界はノースティリスとは比較にならないほど平和だが、同時に死という現象が持つ意味が圧倒的に重い。
 この世界で生きる者達はノースティリスの冒険者のように己の屍を無数に積み重ねて強くなることができないのだ。
 かくいうあなたとて二度死ぬだけで確実な終わりが訪れるならここまで強くなっていない。それがたとえ平和なこの世界だったとしても。

 だがノースティリスで無数の繰り返される死と蘇生(トライアンドエラー)を越えた今のあなたでは、死ねばそこで終わりという言葉の意味は理解できても異世界なのだからそういうものなのだろう、という受け入れ方しかできない。
 仮に今のあなたが死んだらそこで終わりな状態だったとしても、やはりあなたには己を顧みずに行動するだろうという確信がある。
 そう、ウィズの命を護るために女神アクアと相対したときと同じように。

 しかし手加減はしていないが全く本気を出していない状態で三分で半殺しにできる相手が三億エリス。
 あなたが玄武の件で手に入れた報酬とほぼ同額である。濡れ手で粟などという話ではない。
 ウィズは魔法店をやる傍らに魔王軍の幹部を狩ればいいのではないだろうか。







「いえ、流石にそれはちょっと……」

 資金繰りに魔王軍の幹部を狩ればいいのではというあなたの提案に、ウィズは苦笑いしながら首を横に振った。
 現在あなたはギルドから直行したウィズの店で紅茶を飲んでいる最中である。

 テーブルの対面にはいつものようにウィズが座ってあなたと同じようにお茶を飲んでいる。
 ちなみに今日は定休日でも何でもないし今も普通に営業時間中である。

「最近はあなたしかお客さんが来てくれなくなっちゃいましたし……元からお店の商品を買ってくれるお客さんはあなたしかいなかったですけど……」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析