ハーメルン
このすば*Elona
第19話 幽霊屋敷

 秋の終わりのある日の昼下がり。
 あなたはアクセルの街の郊外に佇む屋敷に訪れていた。

 屋敷はあなたが現在住んでいる家の十倍以上というかなりの大きさを誇っており、ノースティリスで言うならばセレブ邸だろう。
 この屋敷は元々貴族の別荘だったらしいのだが今は誰も住んでいない。

 ここ最近のアクセルの街では空き家に悪霊が住み着くという怪事件が多発しており、住人の頭を悩ませている。
 アンデッド絡みの件に強いと認知されているウィズもあちこち引っ張り出されているようで、それなりに多忙な日々を送っているらしい。
 
 そしてあなたが訪れたこの屋敷は特に多くの悪霊が出る場所であり、実際に大家側から討伐依頼が出されているものの何度悪霊を退治してもすぐに住み着かれてしまう曰く付きの物件である。

 悪霊が出没する原因を探して断つのが最善なのだが、それは他の冒険者が探っている。あなたの出る幕ではないし他者の受注した依頼に横から手を出すべきではない。
 それにあなたは悪霊だの亡霊だのといった存在は今までに何度も討伐してきている。
 プリーストが浄化の魔法を使っても駄目だというのなら直接ぶっ飛ばせばいい。
 再度湧いたとしても、何度でも何度でも。全ての悪霊がいなくなるまで。

 ただでさえ忙しいウィズの手を煩わせるまでも無い。いつだって最後に物を言うのは力押しだ。この手に限る。

 あなたは特に気負うことも無く悪霊屋敷の中に足を踏み入れたのだった。







 屋敷の中は長く人が住んでいないというにも関わらず定期的に手入れはされていたようで、若干埃っぽいものの老朽化や痛みといったものは見られない。
 用意のいい事にどの部屋も家具は一式揃っているので、もし住もうと思えば軽く掃除をしただけでこのまま住んでしまえるだろう。
 この依頼が終わった後に購入する事も考えたがあなたは首を横に振った。流石にベルディアと二人で住むにはこの屋敷は広すぎである。
 掃除の手間だって馬鹿にならないし、殆どの部屋は物置と化してしまう。

 やはり今の家で十分だろうと結論を付けて探索を続けていると、あなたの耳に何者かの声が聞こえてきた。
 どうやら玄関の方から聞こえてきているようだ。
 こんな日の高い時間から悪霊が出たのだろうか。いい度胸であるとあなたは玄関の方に足を向けた。

「…………うわぁ」

 玄関に足を運んだあなたの顔を見た瞬間にそんな声を出したのは頭のおかしい爆裂娘ことめぐみんである。
 屋敷の玄関にいたのは悪霊ではなく、カズマ少年のパーティーの四人だった。
 最後尾のダクネスが真っ赤な顔であなたを凝視している。誰も気付いていないようなのであなたは黙っておく事にした。

 それはそれとして、彼らも屋敷の除霊依頼を受けたのだろうか。ギルド側から合同でやれという話は聞かされていないし、事後承諾で増援を寄越されると報酬で揉めるので止めてほしいのだが。
 後でギルドに苦情を入れておくべきだろう。

「俺達はこの屋敷を買ったんだ。大家さんが除霊してくれるなら格安で売ってくれるって言うからさ」

 あんまり無い金を全財産注ぎ込んだけど、と続けるカズマ少年。どうやらギルド経由でここに来たわけではないらしい。
 悪霊騒ぎがあったとはいえこの屋敷は駆け出しの彼らが買えるほどに安い物件だったと知ってあなたは目を丸くした。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析