ハーメルン
このすば*Elona
第4話 採掘を終えて

 玄武の姿が地中に消えた後もウィズがトリップから帰ってくる様子を見せないので、あなたは一人で鉱石の回収作業を始めた。
 よく考えてみれば、ウィズは四次元ポケットの魔法が使えない。つまりもうやることが無いのだ。

 あなたは最早何一つ隠すことなど無いと言わんばかりに、ウィズの目の前で四次元ポケットの魔法を使う。
 四次元ポケットに収納されていく、鉱石やキノコが詰まった大量の袋。
 すると不思議なことに、袋が減っていくごとにウィズは正気に戻っていった。



「ああ、消え、お金、消え……」

「やっぱりこれ、夢……」

「お願い、待って、待ってぇ……」

「ああっ、ダメ、行かないでぇ……」

「お願い、まだお店の借金がいっぱい……」

「また暫く綿の砂糖水しか食べられなくなっちゃいますから……」



 もしかしたら正気を失っていっているのかもしれない。
 悪夢にうなされるように呟き続ける、悲壮感に満ちた極貧リッチーの涙声を聞きながら、あなたは黙々と作業を進めていく。

 夕暮れは人を感傷的にさせるというが、そのせいなのだろうか。
 玄武の依頼を完璧に終えて宝の山も手に入れた。
 万々歳だったはずだ。なのに、あなたは無性に悲しい気分になった。

 どうしてこんなことになってしまったのだろう。ウィズが嗚咽まで漏らし始めたところで、あなたは釣られて熱くなってきた目頭を押さえた。
 綿に含めただけの砂糖水は断じて食べ物ではない。飲み物ですらない。

「あ、あぁ、もうこんなに…………はっ、ここは誰っ、私はどこっ!?」

 八割ほどを収納したところで、ウィズの意識が現世に復帰した。まだ若干言動が怪しいが。
 同時にウィズの視界の先でまた一つ鉱石袋が消えた。

「……え、ええっ!?」

 呆けた頭が吹っ飛ぶほどの衝撃の光景だったらしい。目の前でずっと同じことをやっていたのだが。
 あなたは簡潔に、自分の世界の魔法で収納しているところなので、自分のもとに袋を持ってきてほしいと告げる。

「じ、自分の世界の魔法……?」

 未だ事態が飲み込めていないウィズから鉱石袋を受け取り、作業を進めながらあなたは訥々と語り始めた。
 曰く、自分はいわゆる異世界の人間である、と。

 ノースティリスと呼ばれる場所で冒険者をやっていたこと。
 およそ二ヶ月前、転移事故でこの世界に迷い込んだこと。
 現状ノースティリスに帰れる目処は全く立っていないこと。
 玄武の上で使った爆発魔法や鉱石を収納したのはあなたの世界の上級魔法であること。
 あまり食費を切り詰めるといくらアンデッドとはいえ心が荒むので、衝動買いは控え、玄武の稼ぎもいくらか貯蓄に回した方がいいこと。
 綿に含めただけの砂糖水は絶対に食べ物ではないし、飲み物でもないこと。

 一度口から出してしまえば、驚くほどスラスラと話すことができた。

 異邦人である今のあなたは誰よりも自由であるが、ある意味では誰よりも孤独だ。
 あなたは自分が異邦人であると誰かに知っていてほしかったのかもしれないと思った。

「異世界の人、だったんですか……? 確かに、あの爆発も袋がどこかに消えていく魔法も、私ですら初めて見る魔法の反応ではありましたけど」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析