ハーメルン
このすば*Elona
第7話 紅魔族の少女とジャイアントトードの死闘

 あなたはこの世界ではソロでしか依頼を受けたことが無い。
 他の街に移動する隊商の護衛依頼などでは幾つかのパーティーと合同で依頼をこなすこともあるが、冒険者ギルドに所属している人間とパーティーを組んだことは一度も無い。

 アクセルでは良くも悪くも有名なあなたに勧誘を持ちかけてくる者はいないが、アクセル以外の街でパーティーに勧誘された経験は何度もある。
 だが一人で十分間に合っているあなたは全ての勧誘を断っているというのが現状だ。

 この世界の冒険者は習得スキルが限られているゆえにどうしても一人で活動するのは限界がある。
 だがあなたはノースティリスで長いあいだ戦ってきた冒険者だ。
 ノースティリスで習得可能なスキルは全て習得しているし並の冒険者以上に鍛え上げている。

 魔法戦士として活動しているのはあくまでこの戦闘スタイルが最も慣れ親しんでいるからに過ぎない。
 これはあなただけでなく経験を積んだノースティリスの冒険者に共通するのだが、やろうと思えば戦闘職に限っても戦士、魔法使い、神官、銃使い、弓使い、盗賊として活動することが可能なのだ。

 つまり他の冒険者の力を借りるまでもなく、大抵の依頼は一人で解決できてしまう。
 どうしても他者の力が必要なときはウィズに頼むつもりなので更に他人に頼る機会は少なくなる。
 あなたの正体を知るウィズの前ならばあなたは幾らでも本気を出すことができるのだ。

 なので最初にその勧誘を受けたとき、あなたはいつも通りに断ろうと思っていた。

「待っていましたよ。あなたがアクセルのエースのエレメンタルナイトですね?」

 あなたにパーティーの申し込みをしている者がいると受付嬢に教えられ向かったテーブルにいたのは大きめの魔女帽を被って左目に眼帯を付けた、黒髪赤目の少女だった。
 年齢は十三歳ほどだろうか。この世界ではあまり見ない若さの冒険者だ。

「我が名はめぐみん! アークウィザードを生業とし、最強の攻撃魔法、爆裂魔法を操る者!」

 マントを翻しながら彼女はそう名乗った。随分と変わった名乗りである。
 だがこの世界ではこういう名乗り方をする地域もあるのだろう。
 少なくともノースティリスで見かける“こんにちは、君いいアイテム持ってるんだって? 死ね!”より余程普通の挨拶だ。

 なのであなたは彼女の名乗りに倣って自己紹介した。
 エレメンタルナイトを生業とし、アクセルの便利屋と呼ばれる者だと。流石にめぐみんのように服を翻したりはしなかったが。

「……ほう、流石は音に聞こえたアクセルのエース。我ら紅魔族の風習に精通していましたか」

 紅魔族。住人の全てがアークウィザードの素質を持つという魔法のエキスパート集団だ。
 ウィズの店に品物を卸しているのが紅魔族だったはず。
 品質はいいのだが高価な上に全力でネタに走っているとしか思えない性能なので本当にあなた以外誰も買わないという曰くつきである。

 彼女が付けている眼帯もその類の品物なのだろうか。
 あなたの視線が眼帯にいったのに気付いたのか、めぐみんは突然ポーズを決めた。

「ふっ……これは我が強大な魔力を抑えるための古代の道具である。この封印が解けたとき地上には大いなる災厄が降り注ぐだろう……ゆめゆめ忘れぬようにすることだ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析