ハーメルン
このすば*Elona
第9話 空を飛ぶ不思議なキャベツ

「沢山来てるねー。まあ緊急クエストで稼ぎ時だし当たり前かな」

 女神エリスの言葉通り、正門前には武装した冒険者が多く集まっていた。
 三桁は余裕で超えているだろう。

 あなたはなんとなくウィズの姿を探してみたが、正門に彼女の姿は見つからない。
 女神アクアを警戒してのことだろうか。恐らく街の中でキャベツが来るのを待っているのだろう。

「お、ダクネス見っけ。……うん、今のところ仲良くやれてるみたい」

 ダクネスもこちらに気付いているようであなた達に手を振ってきた。
 彼女はこのまま女神アクアのパーティーに加わるのだろうか。

 鉄壁のクルセイダーにアークプリーストの女神に最強魔法を行使するアークウィザード。
 一見するとそうそうたる顔ぶれの筈なのに、全く羨ましくないどころか少年が可哀想になってくる。

「パーティーは一時的なものだけど、今日はお互い頑張ろうね!」

 対してこちらのメンバーはなんと女神エリス。

 思えば神に手合わせを願うならまだしも、神と轡を並べてこういった依頼や戦闘行為を行うというのはあなたも初めての経験だ。
 あなたが信仰する女神は時折あなたに願いの杖を使わせ、敬虔な信者に請われての降臨という名目であなたの家に遊びに来るが共に迷宮に潜ったり依頼を受けたことは一度もない。他の信者に知られてしまえば大騒ぎになるのだから当然だ。

 いい機会だ。折角女神エリスとお近づきになれたのだからと、あなたは女神アクアにしたのと同じ質問をぶつけた。
 残念ながら女神エリスの反応は芳しくなかったが。

「んー、悪いけどどっちも知らないかな。食べ物の名前?」

 女神アクアの時点である程度予想はついていたので落胆は無い。
 ただ女神アクアと同じ反応に、あなたはやはり二柱は先輩後輩なのだな、と強く思った。

 そうやって女神エリスと雑談を交わすこと数分。
 冒険者の中の誰かが突然大声を張り上げた。

「来た! 来たぞー!」

 あなたが目を向けると、山の方から緑色の何かが現れているのが見えた。
 数など分からない。大地を埋め尽くすほどのおぞましい数の緑がアクセルに向かって飛んでくる。

「なんじゃこりゃああああああ!!」

 女神アクアのパーティーの少年が叫んだ。
 あなたも全くの同感である。

 勢いよくこちらに押し寄せるキャベツの群れはさながら緑色の波濤の如く。あるいは羽虫の大群か。
 キャベツは嫌いではないが、流石にこうも数が多いと気分がいい光景ではない。
 何が悪いといえば色と数が悪い。
 大地を埋め尽くすほどの緑色。
 そう、もしかしてアレはキャベツではなくて、もっと別の……

――お兄ちゃん! お兄ちゃ~ん お兄ちゃんっ お兄ちゃん? お兄~ちゃん お兄ちゃん♪

 あなたは衝動的に核を使いたくなった。
 緑色の中心で起爆して全てを薙ぎ払えばさぞすっきりすることだろう。
 収穫とはいったい何だったのかという話になってしまうが。

 核はさておき、キャベツは本当に数が多い。
 キャベツへの攻撃はどこまでやっていいのだろうか。
 火炎魔法や爆裂魔法が論外だろうというのは分かるのだが。


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析