ハーメルン
勘違い系エリート秀一!!
第9話

 彼はここ最近忙しい日々を送っていた。
 つい先日任されたイレギュラーゲートに対する特別防衛任務だが、彼はその対応に追われていた。警戒区域外でイレギュラーゲートが起きるということは、市民が暮らす街で近界民が暴れるということ。倒壊した建物の数とその復興の資金は一体どれくらいになるだろうか。
つまり、彼は近界民の被害にあった市民の憤りに辟易としているのだ。確かに家を壊されれば、平然としていられないのも分かる。もしかしたら四年前のことを思い出して恐怖している人も居るのかもしれない。
それでも、少しだけでもこちらの都合を考えて欲しい、と彼は思った。
加えて、彼は基本ソロで行動するため、どうしても市民の非難誘導よりも近界民の殲滅を優先する必要がある。それが市民には気に入らなかったのか、彼が特別任務に赴く度に『またお前か』という台詞と共に、冷たい視線を送られてしまう。ぼっちにそれは効果抜群だ。
日に日に積み重なっていくストレスと疲労にやつれそうになる彼。ここ最近は夜遅く帰る事も……。
さらにこのことを重く見た上層部は、彼に午後から特別防衛任務を他のB級部隊と共に就くことを指示した。
咄嗟に拒否をしたら一人ですることになった。どうやら「一人でできる」という風に受け取られてしまったらしい。なんでや。

 しかし、そんな彼も学校に行かなければならない。
 襲い掛かる眠気を何とか我慢しながら、彼は己の部屋を出る。
 すると同時に隣の扉が開き、そこから一人の少年が現れた。

「おっ、奇遇ですなサイジョウくん」

 いきなり人が現れ、彼は咄嗟にサイドエフェクトを発動させる。
 遅くなった世界で頭の中で何度も何度も深呼吸をする。そしてシミュレーションを二桁ほど重ねて、彼は目の前の白い髪の少年に対して挨拶をした。
 彼の名は空閑遊真。隣に引っ越してきた彼と同じ中学校に通う少年だ。
傍から見れば挨拶をする程度の仲だが、彼自身はボーダー以外でまともに話せることができた(・・・)友達候補(ターゲット)である。ちなみに、コンビニで『袋要りますか?』『いえ、結構です』というやりとりが以前の最高記録だ。それを更新した空閑に、彼は勝手に多大な期待を寄せている。しかし、初対面の時に「サイジョウ」と呼ばれて訂正しなかったのでダメかもしれない。

「ねえねえサイジョウくん。良かったらガッコウまで案内してくんない?」

 引っ越して来たばかりでこの街のことを知らない空閑は、そう言って彼の目を見てそう言った。
 彼はサイドエフェクトで動揺を鎮めると、二つ返事で了承し学校に向かった。
 ここで会話できれば、彼はぼっちを卒業することができる。
 まさに人生のターニングポイント。内心かつてないほど燃えている彼だったが――。

「ねえ、あれって何なのサイジョウくん?」

「うおっ。あんな不安定な乗り物で走れるんだ。なんて名前なんだサイジョウくん?」

「おっと。そう言えば『赤』は止まれだった」

 だが悲しきかな。
 いざ本番となると自分から話しかけるどころか、受け答えさえもできなくなった。傍から見れば無視する感じの悪い人間だ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析