ハーメルン
魔法科高校の幻想紡義 -旧-
第11話 告白


桐原武明が壬生紗耶香の姿を見かけたのは偶然だ。

剣術部の練習で、部員たちと共にウォーミングアップの走り込みをしていた桐原は、途中で視線の端の方で壬生の姿を捉えた。

(壬生?)

思わず振り返った桐原の視線の先には、かなり遠いが確かに壬生紗耶香の姿があった。

(何であんなところにいるんだ?)

有志同盟の一員である壬生はてっきり講堂にいるものと思っていただけに、首を傾げる桐原。



――何故か、ひどく気になる。



まず壬生の様子がおかしい。

足を引き摺るように歩いているが、特に怪我をしている様子でもない。

それに壬生の歩いている先にあるのは保健室ではなく、図書館。



――嫌な予感がする。



「桐原?」

気がつけば足を止めていた桐原に、部員の一人が怪訝そうに桐原の名を呼ぶ。

桐原は部員の方へ振り返ると、

「悪い、ちっと用事ができた。先に行っててくれ」

「え? あ、おい!」

返事を待たずに別の方向へ、壬生の下へと走り出した。






「誰だ、お前ら?」

桐原は低い声で壬生の傍にいる部外者、いや侵入者たちに問う。

元々答えを期待していない。

それを示すかのように、桐原は背中に背負っていた竹刀を抜き取る。

左手はCADに手を添えて、そして右手の竹刀は矛先を「敵」へ向ける。

「壬生に、何させている?」

先ほどよりも更に鋭い声で再び問いかける桐原は、既に臨戦態勢を整えていた。



ブランシュのメンバーたちは警戒心を顕わに、突如現れた“障害”と対峙する。

既に作戦開始時刻だ。時間は掛けられない。

そう判断した実行部隊のリーダー格、司一の部下である男が懐に手を伸ばそうとしたとき――。



轟音が、鳴り響いた。






一方の公開討論会は、討論会から次第に七草真由美の演説へと変わっていき、最後は真由美の訴えた一科生と二科生の差別“意識”の克服を、生徒たちは満場一致の拍手で受け入れる形で幕を閉じた。

そして同時に、有志同盟を背後から煽った黒幕たちが演出する第二幕が幕を開ける。

二階から窓の外を警戒していた森崎が、最も早くそれに気づいた。

「敵襲!!」

大声で警告を発すると同時に、轟音が講堂の窓を振動させる。

拍手が止み、一瞬の静寂が講堂を包む中、既に起動式を展開し終えた森崎が魔法を行使する。

窓を突き破ろうと飛来してきた複数の榴弾を、その運動方向を真下に設定して全て地面に叩き落とす。

直後、森崎のいる方面とは反対側の窓が割れ、講堂内に投げ込まれた榴弾がガスを撒き散らす――より早く、森崎の警告で既に起動式を展開していた服部の魔法が発動する。

ガスは拡散されず榴弾に収束されたままの状態で、榴弾自体がガスと共に窓の外へ弾き出される。

そして、化学兵器を実装した榴弾の支援攻撃を受けて突入する“予定”であった侵入者たちは榴弾と同時に講堂内へ乱入し、そのまま摩利の対人魔法によって倒れた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析