ハーメルン
魔法科高校の幻想紡義 -旧-
第14話 死の魔法

ジェネレーターには恐怖や不安といった感情は無い。

故に、ジェネレーターが標的(ターゲット)を前に萎縮することなど、『製造者』達から言えば有り得ないことだ。

だというのに、二十六号として製造されたジェネレーターは数十メートル先に佇む少女に気圧されるように、僅かに足を引き摺って後退していた。

或いは表面的な感情ではなく、その更に奥にある本能レベルで察したのかもしれない。

格が違い過ぎる、と。

だが、ジェネレーターはあくまでも命令を忠実に実行する為に動き出す。

司一の「ガキ三人を始末してこっちに来い」という命令は、ちょうどHMDが壊れた直後であったため受諾せず、その前の「ガキどもを殺せ」という命令がジェネレーターを縛る。

そして、目先の少女が最も脅威と判断したジェネレーターは少女に、司波深雪に対して殺意の牙を剥いた。



自己加速術式で飛び出し、司波深雪に向かって疾駆する。

途端、ジェネレーターの身体が霜に覆われ始める。

深雪が氷のような冷たい目で、襲いかかってくる獣を見下しながら冷却魔法を行使する。

瞬く間に身体が凍り始めるが、それでもジェネレーターは止まらない。

凍った足にヒビが入り、血潮が吹き出す。

常人ならば激痛に苦しむそれを、ジェネレーターは身体機能の低下という信号としてのみ受け取り。

これ以上の二足歩行は不可と判断したジェネレーターは、最後の脚力を駆使して前へと跳躍した。

一気に彼我の距離を詰めるジェネレーターが、己が右腕を凶器として腕を大きく後ろへ構える。

自己加速術式の勢いと相まって突き出されるそれは、岩石をも貫く威力を持つ。

況してや司波深雪の華奢な身体など容易く貫き、引き裂くことだろう。

その腕が届けば、の話だが。

深雪の隣にいる人影が、彼女を庇うように、彼女の前に進み出る。

司波深雪の守護者(ガーディアン)、司波達也。

ジェネレーターが標的を深雪から進路上にいる達也に変える。

達也からすれば望むところであり、そして何より――。



深雪に殺意を行使した、否、殺意を向けたジェネレーターを、達也は許すつもりなど毛頭無かった。



そして、ジェネレーターと達也が交叉する。

突き出される貫手、今度は十文字克人の『障壁』は存在しない。

よって、指先は何にも防がれずに達也の胸元へと吸い込まれていき――空を貫く。

達也が体勢を低く構えたことで、矛先が胸元から顔へ。

そして、達也は首を軽く傾けただけで貫手を避け、カウンターでジェネレーターの腹部に掌打を打ち込んだ。

九重八雲から教わった古式の体術を駆使した重い一撃。

更に四葉の秘術である『フラッシュキャスト』をも発動。

二科生である普段の達也からは有り得ない、友人たちも認識できない速度で加重系魔法を行使し、その威力を何倍にも増幅して叩きつけた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析