ハーメルン
魔法科高校の幻想紡義 -旧-
第1話 結代雅季

国立魔法大学付属第一高校。

日本に九校しかない、魔法を学び磨く為の高等学校。

入学式が行われる今日。胸元に八枚の花弁をあしらった真新しい制服を纏った一人の少年が、その魔法科高校へと歩いていた。

発達している現在の交通機関。電車の代替として普及したキャビネットを使えば、『第一高校前』という文字通り高校のすぐ目の前まで楽に移動できる。

だというのに、この少年はゆっくりとした足取りで、顔を上げながら静かに歩いていた。

顔を上げたまま歩く少年の視線の先には、淡紅色の美しき花が咲き誇っている。

桜。

春の季語の代名詞とも言える、見事に咲き誇り、瞬く間に散っていく花である。

少年が歩く道は桜並木。

桜を見上げながら歩む足取りは実にゆっくりだ。

第三者がいればこのペースで遅刻にならないか心配になるぐらいだが、入学式まで二時間以上も残しているので全く問題なかったりする。

のんびりとした様子で花見を楽しんでいる少年。

身長は百七十センチメートル程度。

少年の年齢からすればおおよそ日本人の平均といったところだが、どこか幼さが残った顔つきが、未だ『少年』であるという印象を醸し出している。

――ふと、少年は足を止める。

風が吹き、散りゆく桜が少年を包み込む。

――瞬間、少年の雰囲気が一変する。『少年』から、厳かなる『何者か』へ。

「もろともに、あはれと思へ、山桜。花よりほかに、知る人もなし」

小さく口ずさんだ一首の和歌。

かつて僧侶が山奥で桜を見たときに詠んだ歌だ。

直後、少年は僅かに口元を歪める。

それは嘲笑か、或いは憂いか。

「現世の花では、今や知らぬ、か。もはや知るは――のみか」

吹き去った風が『彼』の最後の言葉を覆い隠し、残花が通り過ぎた後、その身は再び『少年』へと戻っていた。

視線を上から前へと戻し、少年は再び歩み始める。

少年の立ち去った後、後には舞い散る桜と、目に見えぬ世界に刻まれた『彼』の単語の余韻だけが残される。

風が隠した其れは――。



――『幻想』





やがて、少年は魔法科高校の門を潜る。

入学式が行われる講堂へ向かう際、中庭のベンチに座って読書をする少年とすれ違う。



一つの邂逅。

『社会』に生き『現実』に立ち向かう少年と、『世界』を知り『幻想』を紡ぐ少年。

司波達也と、結代雅季。

二人の最初の交叉は、互いに意識せぬまま、過ぎ去っていった。







新入生はその日は入学式のみで終わりだ。

入学式は滞りなく終わると、雅季はそのまま帰宅することを選んだ。

雅季の交友関係は広い。

中学校時代の友人からそのままの通り「雅季の交友関係は広すぎる」とまで評されるほどだ。

評した当人は知らぬことだが、人だけでなく妖怪や神様にも知人友人がいるのだから強ち間違ってはいない。

評された方は「結代だからこそ、縁を尊ぶのは当然のこと」と思っているが。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析