ハーメルン
魔法科高校の幻想紡義 -旧-
第6話 結代幻想風景

早朝の光が部屋を照らす。

朝日と鳥の音色が、結代雅季を眠りから引っ張り上げる。

「ん~~」

布団から上半身を起こして背伸びをする。

澄み切った空気が心地よい。『外』ではなかなか味わえない空気だ。

雅季は布団から起き上がると、押入れに畳んである神官袴に着替える。

着替えが終わり、布団を畳もうと手に掛けたとき、板張りの縁側の廊下を歩く音が聞こえてきた。

雅季が顔をそちらに向けるのと、相手が襖越しに声を掛けてくるのはほぼ同時だった。

「雅季さん、起きましたか?」

「ああ、起きているよ」

雅季の返事を聞いて、相手が襖を開く。

「おはようございます、雅季さん」

「ん、おはよう、紅華」

朱と白と青の三色を主体とした、『こっち』ではたぶん流行っているからだと思うが、脇がむき出しの巫女服を着込んだ、紅みの混ざった髪色が特徴的なショートヘアの少女。

荒倉紅華(あらくらくれか)

『こっち』の、即ち幻想郷の結代神社を祀る巫女である。

「朝食の前に玉姫様からお話があるそうです。本殿でお待ちですよ」

「話? わかった、すぐ行く」

紅華はニコリと笑うと、お辞儀をして下がった。

トットットと足音が去っていくのを聞きながら、雅季は布団を畳んで、縁側へ出る。

目に飛び込んできたのは、空一面に広がる群青。

今日の幻想郷はいい天気になりそうだ。



結代神社には、先ほど雅季を起こしに来た巫女の紅華と、一柱の神様が定住している。

雅季が本殿へやって来ると、

「おはよー、一月ぶりね、雅季」

外の世界の十代女子を連想させる軽い口調で挨拶を交わしてきたのは、白色を基調に紅紫色の深山撫子の花柄が付いているレースのブラウスに、腰に朱色の細い注連縄を巻くという奇妙な格好をした黒髪を肩まで伸ばした女性。

「おはよーございます、玉姫様」

『縁結びの神威』、天御社玉姫(あまのみやたまひめ)。神代より結代神社に祀られている神様である。

「話って何ですか?」

「ちょうど雅季が『外』に行ったあとから、稗田阿求(ひえだあきゅう)が来るようになってね。何でも幻想郷縁起に今代の結代である雅季を載せたいって」

「えー。紅華でいいじゃん」

「もう紅華は取材済み。それに、縁を求めてやってきた人にお目当ての人を紹介しないのは結代神社の沽券に関わるの。ただでさえ最近は白蓮のところの命蓮寺とか、神子のところの道教とか商売敵が増えているんだから」

「博麗神社と守矢神社は?」

「同じ神道は問題ないの。ちゃんと住み分け出来ているんだから」

「納得。そう言えば、幻想郷縁起には玉姫様も?」

「私ならとうの昔に載っているわよ。たしか稗田愛知って名前だったころだと思う、たぶん」

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析