ハーメルン
魔法科高校の幻想紡義 -旧-
第6話 結代幻想風景


幻覚を操る能力を持つ。

幻視、幻聴、幻嗅、幻味などを自在に操り、無いものを在るように見せることが出来る。

五感全てで感じ取れる幻のため見抜くのは非常に難しい。

また彼女の幻覚は強力で、幻で見せられたナイフだとわかっていても、そのナイフで指を切れば痛いし実際に血も流れる。

彼女の話によると「思い込ませること」がこの能力の本質であるらしい。(※5)

催眠術のようなものなのだろう。



※1:同じ巫女でも某人物とは雲泥の差である。

※2:現役の先生より教え方が上手なので子供達にも人気は高い。

※3:結代神社で射命丸文とお喋りしているのをよく見かける。

※4:「満月の夜は悪縁」と天御社玉姫も公認。

※5:プラシーボ効果。永遠亭の医者がよく使う。






――八雲紫、監修済み。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:5/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析