ハーメルン
侍女のアリィは死にたくない
第1話 ああ、こんなふうには死にたくない

アリィ・エルアーデ・サンディスは貴族である。
父であるゴーザンと母マリアンヌ、そして自分の3人家族。

両親からは愛情をもって育てられ、アリィはとても充実した日々を送っていた。
外に出るときは護衛が必ずついたりなど一部自由でないところはあるが、些細なことだ。
むしろ両親が自分のことを心配して護衛をつけてくれている、その愛情の証明にもなっていたからだ。

「そうだ……アリィや」

ある日の夕食。
恰幅のいい腹を揺らして、ゴーザンは娘であるアリィに話しかけた。

「なんでしょうか、お父様?」
「うむ、アリィも大きくなった。そろそろ一つくらい、楽しみを覚えるべきだと思ってな」
「楽しみ……ですか?」

純白に輝く皿に盛りつけられた肉を食べようとした手を止め、アリィはゴーザンの言葉に耳を傾ける。
ゴーザンにグラスを持ち上げ、使用人にワインをつがせると話を続けた。

「我々貴族は特別な存在だ。平民とは違う、上に立つべき存在なのだ。無論、我々の上にはさらに皇帝陛下がおられるわけだが」

ここでワインをごくりと飲み、喉を潤す。
大きく息を吐くと、愛する娘に夕食の後、多少は汚れても構わない服装で地下室に来るように言った。

「アリィにも見せてあげるのね。いいんじゃないかしら」
「お母様、一体何があるのですか?」
「うふふ、すぐにわかるわ。楽しみにしていなさいな」

アリィはそれまで、地下室には両親が使う道具が置いてあるから勝手に入ったりしないように、と言われていた。
今まで自分には秘密だった何かが、ついに解禁されるのだ。
子供にとっては嬉しいことである。アリィにとってもまた、例外ではなかった。

「わかりました、お父様、お母様!」
「あぁ、楽しみにしていなさい」

ゴーザンは嗤う。
地下室に閉じ込めてあるモノたちのことを思い出し、それらがあげる音色を頭の中で再生する。あぁ、なんと甘美であろうかと。
貴族である我々だからこそ許される特権。

この楽しみをぜひ、娘にも教えてあげようと。





ここは帝国。
始皇帝の時代から時は流れ、その中枢では腐敗が進んでいた。
人も国も、時間がたてば腐っていくものなのだ。
この帝国も例外ではない。幼い皇帝を帝位につけた大臣、オネストにより帝国は腐敗が進んでいた。
民は飢え、一部の特権階級の者などだけが財に笑う。
その中心都市である帝都が腐敗真っ只中なのは、言うまでもない。





「さぁ、おいでアリィ」
「はい、お父様」

夕食を終え、地下室に潜る家族。
楽しみを教えると言われたアリィにとっては、最高にワクワクしていた。
一体何を両親は見せてくれるのだろう、と。

だがその笑顔は――足を止めたそこで凍りついた。
両親の顔を仰ぎ見るが、彼らの笑顔は消えてはいなかった。
いやもっと醜悪に……歪み、嗤う。

「これは……」
「私たちはね、特別な存在なのだよアリィ。だから、こんなことも許される」

蒼白になるアリィの視線の先には……阿鼻叫喚にふさわしい光景が並んでいた。

あたりに飛び散った血の跡。
充満する肉の腐った臭い。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析